木の実ナナの名言

木の実ナナのプロフィール

木の実ナナ
作品一覧

木の実ナナ(きのみ ナナ/1946年7月11日-/女性)は、東京都向島区出身の女優歌手。本名は「池田 鞠子(いけだ まりこ)」。中学3年の時に渡辺プロ主催の新人オーディションで、友人の代わりに出場し優勝。1962年に「東京キカンボ娘」(作詞・作曲:菊村紀彦)でデビュー。「ミニ・ミニ・ロック」などのヒット曲で注目を集め、1970年に本場のショー・ビジネスを学ぶために渡米。1973年に帰国し、劇団四季のミュージカル「アプローズ」に出演。同作のヒットによって舞台女優として高い評価を獲得。多数の舞台に出演するほか、ドラマやCM、バラエティ番組などマルチに活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に「下町のショ-ガ-ル ナナの愛と喝采の日々/主婦と生活社」「キラッ!と女ざかり/パルコ出版」「笑顔で乗り切る/講談社」などがある。

木の実ナナの名言集

どんな時も笑っていなさい。
笑っていれば、
いいことがくるのよ。

(母に言われた言葉)

作り笑顔が、
いつか本物の笑顔になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る