垣内磯子の名言

垣内磯子のプロフィール

垣内磯子
作品一覧

垣内磯子(かきうち いそこ/女性)は、東京都出身の童話絵本作家詩人。詩人としてデビュー後、絵本や童話を中心とした創作活動を展開。翻訳家としても多数の作品を手掛けている。早大小野梓賞、サンリオ詩とメルヘン賞、竹田童謡祭作詞コンクール優秀賞などを受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

作品

主な作品(共著含む)に「こぞうのズズそらのさんぽ」「かなしいときには」「緑色のライオン」「午後の光」「ながいおるすばん」「ねすごしたサンタクロース」「まじょドッコイショのごきげんなドレス」「とけいのくにのじゅうじゅうタイム」「ころんだのだあれ?」「よるのとこやさん」「いわしぐもをつかまえろ」「よなかのしまうまバス」「とまって!キットンくん」「真夜中、くすり屋では…」「おどれ!ひなまつりじま」「春の通信簿」「おひさまの贈りもの」「こちらいそがし動物病院」「夕焼けの国へようこそ」「恋する猫たち」「うさぎのおけいこ」「にんじんぎらいのうさこさん」「それぞれの答」など多数。

垣内磯子の名言集

チャンスはハゲ頭の
三本の毛ですからね。

どんな人でも一生に三度ぐらいは
チャンスにめぐりあうけれど、
そのチャンスをつかみ損ねる人も多い。

ハゲ頭の上でつるりとすべって、
三本しかない毛をつかめずに
終わるようなもの。

それほどチャンスは
するりと逃げていくものだから、
いつも備えていて、
運をしっかりつかまえなさい。

(母に言われた言葉)

どうしたら絵本作家・童話作家に
なれますかと質問されることがあります。

私は「少しの才能と、運と人柄よ」
とお返事しています。

才能がこれっぽっちもなかったら、
いくら好きな道でもやはり無理だろうし、

運をチャンスを自分の手でつかもう
という気概がなくては、
これも駄目でしょう。

自分で「人柄よ」というのは
嫌味な気もしますが、
どうせならにこやかなで
前向きな人と仕事をしたい、
とは誰でも思うこと。

もしかして私にはもうひとつ、
もう一本のチャンスが
残されているのでは?

そう思うと、
これからの日々を目を輝かせ、
チャンスを逃さないように
生き生きと過ごしていきたい
と思うのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る