中村メイコの名言

中村メイコのプロフィール

中村メイコ

中村メイコ(なかむら めいこ/1934年5月13日-/女性)は、東京府出身の女優歌手タレント。本名は「神津 五月」(こうづ さつき)。『江戸っ子健ちゃん』で映画デビューを果たし、7色の声を持つ天才子役として人気を博した人物であり、黒柳徹子らと並び日本のテレビ放送黎明期を支えた一人。1955年頃からは歌手としても活動を行ない、「田舎のバス」などのヒット曲を残した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「大切なこと、ちょっと言わせてね メイコ流・人生のお作法」「夫の終い方、妻の終い方 「お二人様の老後」を生きぬく知恵と悪知恵」「人生の終いじたく だって気になるじゃない、死んだ後のこと。」「五月蝿い五月晴れ 人生という名の喜劇を生きて」「老いてほどほど 老妻からのラブレター」「夫とふたりきり! これはもう恐怖です 定年夫婦の生き方・暮らし方」「”自分育て”の恋愛論 あなたの魅力をひきだす」「いい女になるための”自分育て”の12章」「オトコ通り八丁目」「メイコめい伝」「メイコの「奥さん処世術」」「メイコのガムシャラ教育 カンナとの”攻防”12年」「ママは横をむいてはいられない」「娘が空を見上げるとき」「ママ横をむいてて」「メイコのお婿さん探し」「小さな花の背のび」「メイコとカンナの本音でトーク」「拝啓、あのねママ :メイコと母の往復書簡」「メイコとカンナのがんばれ!お年寄り こんな老人介護もあったのね」「母と娘でいいたい放題 ほめてけなしてにぎやかに」「メイコとカンナのことばの取説」などがある。

中村メイコの名言集

わが子に残したい遺言
それは、生あるときに
言葉で伝えていくこと。

自分が死んだ後に
何を遺すのか。

子供たちに
何を遺してやれるのか。

それは、きっと
形あるものではないと思う。

自分はこういうふうに
生きてきた。

美しくまっすぐな
人生を歩いてきた。

そういう誇りを
遺していくことこそが
親の務めではないか
と思います。

たった独りに
なったとしても
それはけっして
「孤独」ではない。

部屋の中に
たった独りでいても
心の中にはたくさんの
思い出たちが遊んでいる。

部屋の中は
いつも賑やかなのですよ。

キミに涙は
似合いませんぞ。

(父に言われた言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る