佐野有美の名言

佐野有美のプロフィール

佐野有美
書籍一覧

佐野有美(さの あみ/1990年4月6日-/女性)は、愛知県豊川市出身の随筆家詩人。生まれつき両腕と右足がない先天性四肢欠損症で生まれ、周囲からは養護学校を勧められたものの、反対を押し切って健常者と同じ学校で教育を受ける。高校時代にはチアリーディング部に所属し、2009年に放送された24時間テレビ「愛は地球を救う」で「手足のない車椅子のチアリーダー」として紹介され注目を集める。高校卒業後、一般企業で働く傍ら、自伝エッセー『手足のないチアリーダー』や詩集『あきらめないで』を発表。自身の経験を元にした講演活動を行うほか、ミニFM局のDJ番組でアシスタントなども務めた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書・書籍(共著含む)に「手足のないチアリーダー/主婦と生活社」「笑顔の架け橋 佐野有美~手足のない体に生まれて~/佼成出版社」「歩き続けよう 手と足のない私にできること/飛鳥新社」「あきらめないで/主婦と生活社」などがある。

佐野有美の名言集


「今後、有美には
手も足も生えてこない!
自分ができることを探しなさい!」

両親にも言われたことがない
厳しい言葉。

「なんてひどい事を!」と思いましたが、
このひと言が私の「道しるべ」になった。

(チアリーディング部の顧問の先生に
言われた言葉について)

じっとしていたら
進歩はない。

挑戦することがある、
改善点がある、ということは

次の目標、やるべきことがひとつ
見つかったということ。

たとえ、つらくて
逃げ出したくなっても
「今、自分がやれること」に挑戦し、

一歩、いえ半歩でも
前に進むことができたなら、
それが将来の自分の力になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る