軌保博光(てんつくマン)の名言

軌保博光(てんつくマン)のプロフィール

軌保博光(てんつくマン)
著書一覧

軌保博光(のりやす ひろみつ/1968年2月2日-/男性)は、兵庫県出身の路上詩人映画監督・元お笑い芸人。1987年に大阪の吉本総合芸能学院に入学し、山崎邦正(月亭方正)とお笑いユニット「GSX(ガスペケ)」(後のTEAM-0)を結成。テレビなどへの出演も行っていたが、人気が伸び悩み1993年にコンビを解散。その後、映画製作に興味を持つようになり、 1994年に吉本興業を退社。Vシネマの脚本や監督業のほか、役者としても数多くのVシネマに出演。映画の制作費を集めるために路上で「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」というコンセプトで路上詩人としても活動を開始。路上詩人として多くのメディアで取り上げられるようになり、1999年には初の個展を開催(渋谷ロフト)。 2002年に芸名を「てんつくマン」へと改名。詩や映画の分野での活動のほか、地球温暖化防止などの社会活動も積極的に行うようになり、2004年には中国での植林事業を行うNGO活動も創設している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「天国はつくるもの 天使と戦士に贈る詩」「あんたの神さま 動けば自分の花が咲く」「やさしすぎる君へ」「あきらめない生き方 小さな一歩を踏み出すための55のメッセージ」「感動無き続く人生に興味なし」「なんでもありのやったもん勝ち。」「奇跡は路上に落ちている」「答」「そばにいるから」などがある。

軌保博光(てんつくマン)の名言集

昨日、出来なかったことが、
今日、出来るようになる。
それが人生。

みんな、生きとるねん。
がんばって、生きとるねん。

「ありがとう」の反対は、
「不満」じゃなくて、
「当たり前やと思う心」
やってことやねん。

当たり前やと思うから、
感謝の気持ちがわいてこない。

色んなことに「ありがとう」
って思えた瞬間、
どれだけ自分が幸せか
ってことに気づけるんよ。

失敗しようが成功しようが、
一歩をためらう必要なんか
どこにもない。

ほんとは失敗なんか
最初からあらへんねん。

失敗があるんじゃなくて、
あるのは失敗と思う自分の心だけ。

もし「あ~、失敗やな」
って思ったら、

「それは失敗じゃない、全部、
次の一歩のためにあるんやから」
って自分に言い聞かせてみ。

失敗したとき、
“気づき”のある人は傷にはならない。
それは傷じゃなくて”気づき”。

それを傷にするか、
気づきにするかっていうのは、
もうその人次第。

やると決めたんやったら、
とことん、
目の前の人を喜ばせてみぃ。

しょうもない職業なんて、
この世にはない。

しょうもない気持ちで作業をするから、
しょうもない職業に感じるだけじゃ。

本気でいま、やってることに、
向き合ってみ。

もしも、
世の中を素晴らしくしたいなら、
自分を磨くこと。

期待するのは、
他人じゃないぞ。
自分自身じゃ。

人生の解き方は、
数学と同じ。

方程式を知っていれば、
うまくいく。

人は自分自身の
存在価値をわかると、
力が出せる生き物。

人はみんな不完全だから、
不完全な自分を楽しみなさい。

自分を許すことが出来ない人は、
他人も許せない。
それは、苦しい人生になる。

逃げてもいいから、
生きること。

逃げ道を
100パーセント閉ざすとき、
本当の自分の力に会える。

まわりにとらわれないで、
自分のやれることをやればいい。

できると思ったときから、
可能性が生まれる。

軌保博光(てんつくマン)の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る