藤岡大拙の名言

藤岡大拙のプロフィール

藤岡大拙
書籍一覧

藤岡大拙(ふじおか だいせつ/1932年-/男性)は、島根県斐川町出身の歴史学者大学教授。NPO法人「出雲学研究所」の理事長や荒神谷博物の館長を務める人物。「出雲学」の提唱者として知られ、出雲神話の現代語訳とユニークな解釈を展開している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP+出雲神話翻訳研究会公式サイト)

著書

主な著書に『島根地方史論攷』『出雲―神々のふるさと』『出雲とわず語り』『出雲人―出雲学へのいざない』『出雲国神仏霊場巡り心の旅』『今、出雲がおもしろい』『出雲弁談義』などがある。

藤岡大拙の名言集

振り上げたとき、
打ち込むとき、
握りの強弱を自在に変化させる。

農民の握り方はまさしくそれ。
だから一日中耕せる。

強く握りっぱなしでは、
掌はたちまち
マメだらけになって耕せない。

人生も物事に執着すると
マメだらけ。

あるときは強く、
あるときは緩く、
そのとき初めて
持続的な力が生み出せる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る