Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
枡野俊明の名言 | 地球の名言

枡野俊明の名言

枡野俊明のプロフィール

枡野俊明

枡野俊明(ますの しゅんみょう/1953年2月28日-/男性)は、神奈川県横浜市出身の僧侶(曹洞宗)、作庭家。神奈川県にある建功寺の住職を務める人物であり、禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動で国内外から高い評価を獲得。日本造園設計の代表を務めるほか、多摩美術大学環境デザイン学科教授やブリティッシュコロンビア大学特別教授も兼任している。2003年にカナダ政府よりカナダ総督褒章、2006年にドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP+ととのえる/角川書店)

著書

主な著書(共著含む)に「心配事の9割は起こらない」「眺める禅 すーっと心がかるくなる」「書き込み式ボールペン「般若心経」練習帖 怒り、迷いがスーッと消える」「禅的生活ダイエット 365日、ご機嫌な自分をつくる「減らす」技術」「「その関係」はあなたが思うほど悪くない 人づきあいがラクになる「禅」の教え」「怒らない禅の作法」「禅の言葉に学ぶていねいな暮らしと美しい人生」「書いて体得する禅すっきり爽やかな心をつくる 毎日少しずつできるプチ修行帖」「禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本」「禅と食 「生きる」を整える」「禅、シンプル片づけ術 人生が豊かになる」「禅、シンプル生活のすすめ」「禅、「前向きな心」をつくる生活の基本」「手放す」生き方 心を晴ればれと軽くする」「禅「心の大そうじ」」「ゆったり生きる「踊り場」の見つけ方」「禅が教える人生の答え」「思いが伝わるあなたと家族のエンディングノート 禅が教える豊かな人生の終い方」「禅の作法に学ぶ美しい働き方とゆたかな人生」「頭が冴える禅的思考」「禅が教えてくれる美しい時間をつくる「所作」の智慧」「日本庭園の心得 基礎知識から計画・管理・改修まで」「あなたのお墓は誰が守るのか 「心のエンディングノート」のすすめ」「生きる力が湧き出す禅語」「禅と禅芸術としての庭」「共生のデザイン 禅の発想が表現をひらく」「そのままで 心を楽にする禅の言葉」「人間関係がシンプルになる禅のすすめ 心がスッキリ、ラクになっていく」などがある。

枡野俊明の名言集

生きるうえで
「悩み」はつきものです。

まったく悩みのない
人生などあり得ません。

生きるということは
すなわち悩みと共に
歩くことなのです。

いま確かに生きている。
その実感を体中で
受け止めてください。

寒さや暑さ、痛みさえも
生きている実感として
とらえてください。

悩みが生まれる
原因は一つ。

それは何かに
とらわれているからです。

欲望や夢、ときには
人間関係にさえも
執着してしまう。

その執着心にこそ
悩みの発端があるのです。

これだけは手放したくない
これは絶対に手に入れたい。

この思いが叶わない時に
悩みが生まれます。

人間の持つ悩みとは
自分自身で生み出して
いるものが多いのです。

禅では「いま」という
「この一瞬を生き切る」
この大切さを説きます。

この一瞬に
全力で尽くしていれば

後ろには必ず
道ができるはずです。

過去や未来に
気を取られ悩むのではなく

「いま」という瞬間に
全力で成りきることです。

そんな瞬間を
たくさん積み上げていけば
かならず良い結果に
結びつくはずです。

現代人はすぐに答えを
知りたがります。

一方で自分が出した答えを
これが正解だと相手に
押しつけようともしますが

答えは常に一つではない
ということに
気づくことが大切です。

人生には
明確な答えなどありません。

時には、一つの答えを 求めない心が必要なのです。

例えば
いまの会社で正解であったのか
いまの伴侶で正解であったのか

このような問いに対する
答えはないのです。

あるはずのない答えを
強引に引き出そうとすれば
それは悩みや苦しみに
変わっていきます。

夢というのは、
大きい小さいではありません。

たくさんの夢を持つことが
良いということでもない。

どんな小さな夢でもいい。
大切なことは、
それを深く
掘り下げていくこと。

自分が抱いた夢に
時間をかけてやること。

安易に短い時間で
叶う夢などありません。

努力の結果など
すぐに出ることは絶対にない。

何年も何十年もかけて
自分が抱いた夢と
付き合っていくこと。

あなたは
あなた以上でもないし
あなた以下でもありません。

等身大の自分に目を向けて
それを素直に
周りに伝えればいい。

それがありのままに
生きるということ。

いまいる場所を疎かにして
脇見をしたり
よそ見をしても

輝く場所など
見つかるはずがない。

時間を自在に使うためには
いま目の前にあることだけに

そこで取り組んでいる
仕事だけに
集中する以外にありません。

忙しいとは
「心を亡くす」と書きます。

時間がないから
忙しいのではなく

心に余裕がないから
忙しいのです。

なすべきことを
やっているとき
心は充実しています。

余計なものが入りこんでくる
隙がないのです。

それをしていないから
心に不安という余計なものが
入ってきてしまう。

枡野俊明の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る