冨山和彦の名言

冨山和彦のプロフィール

冨山和彦
書籍一覧

冨山和彦(とやま かずひこ/1960年-/男性)は、株式会社経営共創基盤の代表取締役CEOを務める経営コンサルタント経営者。東京大学法学部在学中に旧司法試験に合格し、同大学を卒業後の1985年にボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に入社。翌年にコーポレイトディレクションの設立に携わり、経営戦略の立案や実行支援を担当。2001年にコーポレイトディレクションの代表取締役社長に就任。2003年には政府の打診を受け、産業再生機構の設立に参画(代表取締役専務兼業務執行最高責任者を務める)。2007年にコンサルティング・企業再生を手掛ける「(株)経営共創基盤(IGPI)」を設立。関東自動車(栃木県)、茨城交通、福島交通、岩手県北自動車、浄土ヶ浜パークホテルなどの再生支援を手掛けたほか、政府のJAL再生タスクフォースサブリーダーも務め、JALグループの再建にも貢献。その実績から企業再生のスペシャリストとして注目を集めた。オムロン社外取締役、朝日新聞社社外監査役、ぴあ社外取締役、みちのりホールディングス取締役、中日本高速道路社外監査役、文部科学省・科学技術・学術審議会基本計画特別委員会委員、経済同友会副代表幹事なども歴任。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「稼ぐ力を取り戻せ! 日本のモノづくり復活の処方箋」「会社は頭から腐る 企業再生の修羅場からの提言」「セルフマネジメントのリアル・ノウハウ IGPI流」「リーダーのための戦略思考」「結果を出すリーダーはみな非情である 30代から鍛える意思決定力」「独立取締役ハンドブック」「カイシャ維新 変革期の資本主義の教科書」「30代が覇権を握る!日本経済」「経営分析のリアル・ノウハウ IGPI流」「プロフェッショナルコンサルティング」「日本経済・今度こそオオカミはやってくる 負けないビジネスモデルを打ちたてよ」「挫折力 一流になれる50の思考・行動術」「指一本の執念が勝負を決める」「この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言」「「決断できないリーダー」が会社を潰す」などがある。

冨山和彦の名言集

人間はとかく惰性の生き物です。
壁にぶつかることがなければ、
ことさら努力しないで
すませようとしがちです。

しかし失敗を経験すると、
なぜそうなったのか、
原因を探ります。

自分に何が足りなかったのか、
次にどんな努力をすればよいのか、
真剣に自分を
見つめ直すようになります。

失敗や挫折を否定的なイメージで
とらえる必要はないのです。

打たれ強くなり、
何より「己」というものを
知ることができ、

それこそが
成長への近道となる。

挫折力を培っていれば、
不遇な環境に置かれても
潰されずに生きぬいていけます。

挫折力は免疫力でもあります。
何度も転んでいれば、
大きな失敗に出くわしても
痛手が少なくてすむ。

柔道でたとえるなら
「受け身」がうまくなる。

めまぐるしく変化する今日の社会では、
勝ったり負けたりの繰り返しです。

しかし、負けたことをいつまで
引きずっていてもしかたがないし、

逆に勝ったと驕っていても、
そんな驕りなんてすぐ打ち砕かれる。

そこで必要になってくるのが、
ストレスに負けない力=ストレス耐性です。

いくら頭がよくても、
あるいは優秀なスキルをもっていても、
人間は芯の部分が弱ければ、
強い負荷がかかると
いとも簡単にポキッと折れてしまう。

心をしなやかに、たくましく
しておくことが肝心です。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る