平櫛田中の名言

平櫛田中のプロフィール

平櫛田中(ひらくし でんちゅう/1872年2月23日-1979年12月30日/男性)は、岡山県後月郡出身の彫刻家。本名は「平櫛倬太郎」。旧姓は田中。高村光雲、荻原碌山、朝倉文夫などと並び、近代日本を代表する彫刻家の一人。1882年に広島県の平櫛家に養子入り。1893年に大阪の人形師「中谷省古」に弟子入りし木彫の修行を開始。1944年に東京美術学校(後の東京藝術大学)の教授に就任。明治末期から大正初期にかけては、思想家「岡倉天心」に師事。1962年に文化勲章を受章。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

平櫛田中の名言集

実践実践
また実践。

挑戦挑戦
また挑戦。

修練修練
また修練。

やってやれない
ことはない。

やらずにできる
わけがない。

今やらずして
いつできる。

わしがわらねば
だれがやる。

人間は思ったら
直ちに実行せねばいけない。

考えただけでは
やったことにもならず、
消えてしまうものです。

「いまやらねば、
いつできる」ですよ。

そして、「わしがやらねば
たれがやる」と自分で覚悟すること。

これが人間の努力を
確実にするものですよ。

六十、七十は鼻たれ小僧、
男ざかりは百から百から、
わしもこれからこれから

こだわるな、こだわるな。
人間本来、住むところなし。

どこに住んでも心は一つ。
仕事ができればそれでよい。

悲しいときには泣くがよい。
辛いときにも泣くがよい。

涙流して耐えねばならぬ。
耐えた心がやがて薬になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る