イチローの名言

イチローのプロフィール

イチロー

イチロー(1973年10月22日-/男性)は、愛知県出身のプロ野球選手(外野手)。本名は「鈴木 一朗」(すずき いちろう)。オリックス・ブルーウェーブで活躍した後、メジャーリーグの「シアトル・マリナーズ」に移籍し、世界的な活躍を見せる人物。妻は元アナウンサーの福島弓子(ふくしま ゆみこ)。小学生の頃からバッティングセンターにほぼ毎日通う日々を送り、高校3年間では通算打率は5割以上を記録。高校生時代は投手であったものの、交通事故による怪我で投手から野手に転向。1991年のドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団。入団当初から3割を超える高打率を叩き出したものの、振り子打法を1軍の首脳陣に否定され意見で対立。1軍と2軍を行き来した後、1993年の半ばに正式に2軍入りとなってしまう。しかし、当時の二軍打撃コーチであった河村健一郎は振り子打法を評価し、共に改良を加え、1994年には新監督の仰木彬によって1軍の2番打者に抜擢される。1軍に復帰してからのイチローの活躍は目覚ましく、1994年に日本プロ野球史上初のシーズン200本安打を達成、1995年に五冠王、1996年に3年連続シーズンMVPを獲得、1997年に連続無三振の日本プロ野球記録を樹立、1998年に日本プロ野球史上初の5年連続首位打者獲得を達成、1999年には日本プロ野球史上最速となる通算1000本安打を達成した。2000年にメジャーリーグへの挑戦を表明し、2001年にシアトル・マリナーズに移籍。同年にメジャーリーグのルーキー最多安打記録を更新する。2004年には歴代のシーズン最多安打記録を塗り替え、その後も数々の記録を生み出し続けている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

関連書籍

主な関連書籍に「夢をつかむイチロー262のメッセージ」「天才・イチローを創った魔法の「言葉」 なぜ、この人はブレないのか」「イチロー思考 孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫」「大リーガーイチローの少年時代」「天才・イチロー逆境を超える「言葉」 なぜ、彼は立ち上がることができるのか」「イチローの流儀」「英雄の哲学」「イチローに糸井重里が聞く」「イチローの哲学 一流選手は何を考え、何をしているのか」「イチロー式集中力 どんな時でも結果が出せる!」「イチローUSA語録」「イチロー式成功するメンタル術」「イチロ-果てしなき夢 少年の想い遙かに」「イチロ-への手紙」「「イチロー式」成功のマトリクス イチローに学ぶ「成功」の思考と行動」「イチロー進化論 進化したイチローに学ぶ「成功」の思考と行動」「イチロ- 進化する天才の軌跡」など多数。

イチローの名言集

やってみて「ダメだ」
と、わかった事と

はじめから「ダメだ」
と、言われたことは 違います。

手抜きをして
存在できるものが、
成立することがおかしい。

ここまで来て思うのは
まず手の届く目標を立て
ひとつひとつクリアしていけば

最初は手が届かない
と思っていた目標にも

やがて
手が届くようになる
ということですね。

バットの木は
自然が何十年もかけて
育てています。

僕のバットは
この自然の木から
手作りで作られています。
グローブも手作りの製品です。

一度バットを投げた時、
非常に嫌な気持ちになりました

自然を大切にし
作ってくれた人の気持ちを考えて
僕はバットを投げることも
叩きつけることもしません。

プロとして
道具を大事に扱うのは
当然のことです。

人に勝つ
という価値観では
野球をやっていない。

今自分にできること。
頑張ればできそうなこと。

そういうことを
積み重ねていかないと
遠くの目標は近づいてこない。

他人の記録を塗り替えるのは
7割・8割の力でも可能ですが

自分の記録を塗り替えるには
10割以上の力が必要です。

「楽しんでやれ」
とよく言われますが

僕には、
その意味がわかりません。

夢や目標を達成するには
1つしか方法がない。

小さなことを
積み重ねること。

自分のできることを
とことんやってきた
という意識があるかないか。

それを実践してきた
自分がいること
継続できたこと
そこに誇りを持つべき。

自分が全く予想しない
球が来たときに
どう対応するか
それが大事です。

試合では
打ちたい球は来ない。

好きな球を待っていたのでは
終わってしまいます。

練習で100%
自分を作らないと
打席に立つことは出来ません。

自分の形を見付けておかないと
どん底まで突き落とされます。

自分の限界を見てから
バットを置きたい。

僕は僕の能力を
知っていますから
いくらでも先はあるんですよ。

人の数字を目標に
しているときというのは

自分の限界より
遙か手前を目指している
可能性がありますけど

自分の数字を目指す
というのは、
常に限界への挑戦ですから。

なにかを長期間
成し遂げるためには

考えや行動を
一貫させる必要がある。

決して、人が求める
理想を求めません。

人が笑ってほしいときに
笑いません。

自分が笑いたいから
笑います。

特別なことをするためには
普段の自分で
いられることが大事です。

キライなことを
やれと言われてやれる能力は
後でかならず生きてきます。

グラウンドの上では
自分の築きあげてきた
技術に対する自信。

今までやってきた
ことに対する自信。

「やりたい」と思う
強い気持ちが
支えになります。

チームに乗せてもらうこと
はありますが
そういうときは少ないのです。

チームの流れとは
別のところで
自分をコントロール
してきたつもりです。

チームの調子が悪くても
自分が崩れることは
ありません。

ハイレベルの
スピードでプレイするために

ぼくは絶えず
体と心の準備はしています。

自分にとって
いちばん大切なことは
試合前に完璧な準備を
することです。

パワーは
要らないと思います。

それより大事なのは
自分の「形」を
持っているかどうかです。

プレッシャーに
潰れるようだったら
その選手はそこまで。

なりふりかまわないで
自分の行きたい道を進むこと。

イチローの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る