Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
6代目桂文枝(桂三枝)の名言 | 地球の名言

6代目桂文枝(桂三枝)の名言

6代目桂文枝(桂三枝)のプロフィール

6代目桂文枝(桂三枝)
作品一覧

6代目桂文枝(ろくだいめ かつら ぶんし/1943年7月16日-/男性)は、大阪府堺市出身の落語家タレント司会者。前名は「桂三枝」(かつら さんし)。本名は「河村 靜也」(かわむら しずや)。長らく「桂三枝」名義で活動し、「三枝師匠」「サニー」「さんちゃん」などの愛称で親しまれた人物。西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三巨頭と称されることも多く、上方落語協会会長も務める。2012年に6代目・桂文枝を襲名(単に「六代目」と言えば6代目笑福亭松鶴を指すことが多いため、「六代 桂 文枝」としている)。2006年に紫綬褒章を受章。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「桂三枝の川柳激情 世の中を575で考えよう」「師匠、五代目文枝へ」「桂三枝の落語絵本シリーズ」「六代桂文枝ヂカラ 「桂三枝」のその先へ」「桂三枝という生き方」「桂三枝爆笑落語大全集シリーズ」「桂三枝のああ夫婦 『新婚さんいらっしゃい!』でわかった幸せの法則」「桂三枝の笑ウインドウ傑作選」「浪花なくとも桂三枝です」などがある。

6代目桂文枝(桂三枝)の名言集

後になって
「あのときやっておけばよかった」
と思っても、

後悔先に立たずで、
改めてやろうとしても大変です。

それなら、
とりあえずやってみる。

もしそれが失敗であっても、
自分がやると決めて
やった結果ですから、

反省はしても、
後悔しないはずです。

何事もやってみないことには、
次のステップの景色が見えません。

挑戦して「これは無理だ」
とわかっただけでも
プラスだといえる。

「できるは人間の言葉、
できないは神様の言葉」。
あるホテルで見かけた一文です。

人間は「できない」
と言ってはいけない。
それは神様が決めること。

うまくいかなかったときは、
意地を張らずに、素直に反省して
別の方法を考え、修正していく。

そうやって柔軟に対応してきたから、
大きく間違わずにすんだ。

決めるときに
決めないことには
いつまでも前に進めません。

自分の人生が
完成することなどあり得ない。

例えば定年を迎えたからといって、
それは人生の完成でも何でもない。
すごろくの「あがり」ではないのです。

サラリーマンだった経験を生かして、
自分の人生の完成を目指していく。

その過程にこそ生きる熱と
幸福感が生まれてくる
と私は思っています。

人としての根っこは、
いつの世も変わらない。

それは親子や夫婦の情であったり、
兄弟や友達の絆であったり、
あるいは他人を思いやる
優しさであったりというものです。

そんな根っこの部分を
見失わない限り、

どんな時代であっても
人は強くなれる。

ロマンがなくても
生活はできるでしょう。

でも、そこには
幸せの熱が感じられない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る