マイケル・ポーターの名言

マイケル・ポーターのプロフィール

マイケル・ポーター
著書一覧

マイケル・ポーター(Michael Eugene Porter/1947年-)は、アメリカ・ミシガン州出身の経営学者大学教授。アメリカを中心に世界各地で多くの国や州の政府、企業の戦略アドバイザーを務める他、「ファイブフォース分析(業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析をおこなう手法)」や「バリュー・チェーン(原材料等に対して、各プロセスで価値(バリュー)を付加していくことが企業の主活動であるという考え)」など数々の競争戦略手法の提唱者。特に代表的著書である『競争の戦略』は戦略論の古典として多くの経営者や経営学を学ぶ学生の間で愛読されており、MBA取得者が選ぶお薦め経営学書ランキングで第1位を獲得している。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)に「競争の戦略/Competitive strategy: techniques for analyzing industries and competitors(1980年)」「競争優位の戦略――いかに高業績を持続させるか/Competitive advantage: creating and sustaining superior performance(1985)年」「国の競争優位/The competitive advantage of nations(1990年)」「競争戦略論/On competition(1998年)」「日本の競争戦略/Can Japan compete?(2000年)」「国の競争力/The global competitiveness report 2004-2005」「医療戦略の本質――価値を向上させる競争/Redefining health care(2006年)」などがある。

マイケル・ポーターの名言集

他人と違っていることが、
その人間の「武器」になる。

戦略とは、
何をやらないかを決めることである。

ターゲットを広くした同業者よりも、
狭いターゲットに絞るほうが、
より効果的でより効率の良い戦いができる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る