野村総一郎の名言

野村総一郎のプロフィール

野村総一郎
著書一覧

野村総一郎(のむら そういちろう/1949年-/男性)は、広島県出身の医学者精神科医。うつ病や双極性障害を専門とする人物であり、藤田保健衛生大学精神科助教授、立川共済病院神経科部長を経て、防衛医科大学校精神科教授に就任。また、読売新聞「人生案内」の回答者を長く務めていることでも知られ、野村が回答をまとめた書籍も発表されている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「人生案内ピンチをのりきる変化球」「多様化したうつ病をどう診るか」「うつ病の事典 うつ病と双極性障害がわかる本」「こころの医学事典」「入門うつ病のことがよくわかる本」「人生案内もつれた心ほぐします」「うつから抜け出したいあなたへ」「専門医が教えるうつ病」「内科医のためのうつ病診療」「うつ病の真実」「うつ病 正しく知って治す」「エビデンスに基づく難治性うつ病の治療」「精神科必修ハンドブック すべての診療科で役立つ」「健康管理室で役立つこころの医学」「心の悩み外来」「精神科にできること 脳の医学、心の治療」「ぐるぐる思考よ、さようなら 気持ちがのびのびとする心のストレッチ」「「うつ」に陥っているあなたへ」「総合病院精神医学マニュアル」「疲労外来 あなたの疲れの原因は?」「「心の悩み」の精神医学」「もう「うつ」にはなりたくない うつ病のファイルを開く」「不安とうつの生物学」「ウツの気分とつき合う方法 世紀末ウツ病講座」「うつ病を知る 軽症化の時代に」など多数。

野村総一郎の名言集

悩んで、困って…
人間、それで大きくなるんだよ。

どの偉人伝を見ても、
偉大な人というのは、
多くの苦労を乗り越えて、
それで偉大になっている。

最初から幸せで、
幸せな家庭に育ち、お金もあって、
何の苦労もなかったが偉大な仕事をした、
と、そういう人もまあ居るに違いないが、
それでは偉人伝が成立しない。

あくまで苦労を乗り越えないと、
話として面白くない。

いや、話ではない。
人間として面白くないのかもしれない。

確かに、苦労を乗り越えてきた、
そういう人には味がある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る