室井佑月の名言

室井佑月のプロフィール

室井佑月
著書一覧

室井佑月(むろい ゆづき/1970年2月27日-/女性)は、青森県八戸市出身の小説家随筆家タレント。雑誌モデル、レースクイーン、女優、ホステスなど様々な経歴を持つを人物であり、1997年に読者公募「性の小説」コンテスト(主催:小説新潮)で入選し文筆活動に入る。また、執筆活動のほか、テレビやラジオなどでのコメンテーター業やバラエティ番組などでのタレント業なども行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「プチ美人の悲劇」「プチ美人とお金」「ラブファイア-」「作家の花道」「ああ~ん、あんあん」「ドラゴンフライ」「血い花」「ラブゴ-ゴ-」「ぷちすと」「ぷちすとハイパ-!」「Piss」「ママの神様」「アクリル」「熱帯植物園」「恋のQ&A」「クルマは男のエクスタシィ」「子作り爆裂伝 産んでやろうじゃないの育ててやろうじゃないの」「メリ-ゴ-ランド」「恋より仕事」「Love love love」「クルマ 3分間小説×89篇」などがある。

室井佑月の名言集

一時期、「KY」
という言葉が流行ったが、
あたしはあの言葉が大嫌いだった。

まわりの空気を読めないことが、
どうしてからかいの
対象になるのだろうか。

みんなが騒いでいる中で、
なにが起こったか瞬時に
理解できないということは、
そんなにいけないのだろうか。

それよりも、なにが起こったか
きちんとした意味はわからずに、
まわりに合わせて騒ぐというほうが
恥ずかしいと思う。

いちばん良いのは
まわりの空気をわかった上で、
堂々と自分の意見をいえる人
だというのはわかっている。

けれど、次ぐに上等なのは、
自分の意見を言える人で、
空気が読める人じゃないと思う。

自分の意見をいうからには、
それなりの根拠が必要で、
そのためには
勉強をしなくてはならない。

大事なのは。その努力だ。
若いうちは努力の方向や
結果が間違いであってもいい。

自分の意見を言おうとする人には、
軌道修正のチャンスはある。

まわりから叩かれたりして、
間違いが間違いだとわかるから。

他人を理解するためには、
絶対に自分の力が必要だ。

だって他人の心を読むなんて事は、 100%不可能な話。

それは不可能だとわかった上で、
自分の想像力を発揮する。考える。

どのくらい他人を理解できるかは、
やっぱり自分の力なのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る