西條剛央の名言

西條剛央のプロフィール

西條剛央
著書一覧

西條剛央(さいじょう たけお/1974年-/男性)は、宮城県仙台市出身の心理学者哲学者。早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程(MBA)専任講師。ふんばろう東日本支援プロジェクト代表。構造構成主義(信念体系どうしの対立の克服論)を体系化したことでも知られる人物であり、2002年に『次世代人間科学研究会』を主催。2007年には京極真、池田清彦らとともに『構造構成主義研究』を創刊し編集長に就任。日本学術振興会特別研究員なども歴任している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「人を助けるすんごい仕組み ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか」「構造構成主義とは何か 次世代人間科学の原理」「なぜいま医療でメタ理論なのか」「持続可能な社会をどう構想するか」「よい教育とは何か」「構造構成的発達研究法の理論と実践 縦断研究法の体系化に向けて」「ライブ講義・質的研究とは何か」「信念対立の克服をどう考えるか」「現代思想のレボリュ-ション」「エマ-ジェンス人間科学 理論・方法・実践とその間から」「忘れない。 被災地からの手紙被災地への手紙」「母子間の抱きの人間科学的研究 ダイナミック・システムズ・アプローチの適用」「研究以前のモンダイ看護研究で迷わないための超入門講座」「科学の剣哲学の魔法 構造主義科学論から構造構成主義への継承」「構造構成主義の展開 21世紀の思想のあり方」などがある。

西條剛央の名言集

何度同じ選択肢があっても、
自分は生き方の指針に沿って
特定の判断する。

であれば自分の生き方を
まっとうするしかない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る