江崎玲於奈の名言

江崎玲於奈のプロフィール

江崎玲於奈
著書一覧

江崎玲於奈(えさき れおな/1925年3月12日-/男性)は、大阪府中河内郡(現:東大阪市)出身の物理学者。東京帝国大学を卒業後、川西機械製作所(後の富士通テン)に入社。真空管の陰極からの熱電子放出の研究を経て、1956年に東京通信工業株式会社(後のソニー)に移籍。半導体研究室の主任研究員として、PN接合ダイオードの研究を行い、ゲルマニウムのPN接合幅を薄くすると電圧を大きくするほど逆に電流が減少するという負性抵抗を示すことを発見。この発見は、固体でのトンネル効果を初めて実証した例となった他、電子工学におけるトンネルダイオードという新しい電子デバイスの誕生にもつながっている。1973年にノーベル物理学賞を受賞、1974年に文化勲章を受章。1960年に米国IBM トーマス・J・ワトソン研究所に移籍し、フォノン相互作用やトンネル分光の研究を行った他、分子線エピタキシー法を開発し、半導体超格子構造をつくることに成功。1992年に筑波大学学長に就任。2000年には小渕恵三首相の要請を受けて、教育改革国民会議の座長に就任。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「限界への挑戦 私の履歴書」「きっずジャポニカ 小学百科大事典」「W>デジタルきっずジャポニカ」「創造力の育て方・鍛え方」「総予測21世紀の技術革新」「個性と創造」「創造の風土 ニュ-ヨ-クから」「個人人間の時代 ニュ-ヨ-クから」「科学と人間を語る」「アメリカと日本 ニュ-ヨ-クで考える」「日本人の選択 世界のなかの日本」「新・日本イソップ物語 一科学者の提言」「家族の力はとり戻せるか 世界五大学長が語る新世紀」などがある。

江崎玲於奈の名言集

科学やビジネスに
進歩をもたらすのは、
飽くなき挑戦です。

むろん挑戦には
リスクが付き物ですが、

だからといって
ひるんではいけません。

創造的な挑戦を続ける限り、
成功しても失敗しても、
あなたが得るものは大きい。

自分らしい生き方を
するためには、

自分を主張し、
自分を守るために戦うことを
避けてはいけない。

すぐれた科学者は
一芸に秀でた人間というよりも、

むしろあらゆる視野を
兼ね備えた教養人です。

この幅広く、多角的な
視点を持つということが、

創造性の原動力に
なるのかもしれません。

学問を知っている人は、
学問を愛する人に及ばない。

学問を愛する人は、
学問を楽しむ人に及ばない。

挑戦した結果が失敗であれば、
そのことを踏まえて新しい方向へ
頭を切り替えることができる
という利点が発生します。

私自身もたくさんの失敗を繰り返し、
そこから学ぶ人生を送ってきました。

新しい分野を
見つけることです。

そうすれば二流の人間でも
一流の仕事ができる。

いつも歩く道を離れ、
未踏の森に飛び込み、
新しいものを探れ。

従来の行きがかりに
囚われすぎてはいけない。

他人の影響を
余り受けすぎてはいけない。

無用なものは
全て捨てなければならない。

戦うことを
避けてはいけない。

何か絶対的なものを
信じすぎてはいけない。

人間が成功する条件というのは、
個性的なタレント(才能)、
それを磨くためのハードワーク(努力)、
そして人知を超えたチャンス(運)。

この三つの組み合わせ
であると思います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る