広野光子の名言

広野光子のプロフィール

広野光子
著書一覧

広野光子(ひろの みつこ/1941年-/女性)は、三重県出身のジャーナリスト。専業主婦、奈良市消費生活相談員を経てサンケイリビング新聞に入社。同社で京阪版編集長、編集委員などを歴任し、乳がん・卵巣がん手術のため退社。がんの闘病生活を綴った書籍を発表しているほか、「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の代表も務めている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「きっと良くなる必ず良くなる 多重がんとの闘いの記録」「わたしが「がん」になったとき―生きる勇気をありがとう」などがある。

広野光子の名言集

たとえようのない悔しさ、無念さ、
情けなさが涙となってこぼれおち、
「なんて醜い!」
自分の泣き顔を見てそう思いました。

でも無理に口角を上げて
笑い顔を作ってみたら、
泣き顔よりはマシではありませんか。

このときから
「笑おう!」と決めました。

泣くことはカタルシス(浄化作用)。
思いっきり泣きましょうね。

でも、泣いた後は
思いっきり笑いましょう。

笑えば心が軽く明るくなって、
何より自然治癒力、
自己免疫力が上がります。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る