Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
宮崎美子の名言 | 地球の名言

宮崎美子の名言

宮崎美子のプロフィール

宮崎美子
作品一覧

宮崎美子(みやざき よしこ/1958年12月11日-/女性)は、熊本県熊本市出身の女優タレント。大学3年生の1979年に「篠山紀信が撮る!週刊朝日“キャンパスの春”」の表紙モデルに応募し、応募総数約1000名の中から最終合格者の10名に選ばれる。翌年に「週刊朝日」(1980年1月25日号)の表紙を飾り、同年にミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMに出演。同CMで注目を集め、テレビや雑誌など多数のメディアに出演。元々ジャーナリストを目指していたことから、1980年に熊本放送の番組レポーターとなる。その後、ポーラテレビ小説『元気です!』で主演を演じたことを皮切りに女優として活動を開始し、テレビドラマ、映画、舞台とその活躍の幅を広げていった。また1980年代からクイズ番組でも活躍し、「才色兼備の女性タレント」というイメージを確立させ、2010年代に入っても数々のクイズ番組に出演している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

出演作品

主な出演作品(映画)に「100回泣くこと(2013年)」「渾身 KON-SHIN(2013年)」「かぞくのくに(2012年)」「アントキノイノチ(2011年)」「雷桜(2010年)」「おにいちゃんのハナビ(2010年)」「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園(2010年)」「いぬばか(2009年)」「デトロイト・メタル・シティ(2008年)」「Dear Friends(2007年)」「NANA(2005年)」「わたしのグランパ(2003年)」「雨あがる(2000年)」「死者の学園祭(2000年)」「マークスの山(1995年) 」「仔鹿物語(1991年)」「タスマニア物語(1990年)」「またまたあぶない刑事(1988年)」「めぞん一刻(1986年)」など多数。

宮崎美子の名言集

人に笑顔を届ける
仕事をしてるんだから、
常に自分が笑顔じゃないダメ。

どんな仕事でもそうですが、
長く続けていると、

だんだん自分のやっていることが
見えてきますよね。

すると余裕も出てきて、
仕事の意味や、周りにどう
見られているかもわかってくる。

同時に自分にできること、
できないこと、

向いてること、
向いてないことも
よくわかってくる。

そうすると、
人と比べて落ち込んだり、
ぎすぎすしたりすることも
なくなってきます。

物事を余裕を持って
とらえられるようになれば、
いいスパイラルが回っていきます。

でも、そうなるためには、
一度は真剣に悩むことが
必要だと思います。

この業界はすごく浮き沈みがあるし、
自分ではどうにもならない
「運」に左右されるところも大きい。

だからこそ、自分に出来ることを、
できるだけやっていくしかない
と思うのです。

そうしないと、
運もつかめないかもしれません。

自分の考え方のクセや、
心のクセは若い時は見えません。

人ばかりがよく見えて、
うらやましいと思うけれど、
その人と同じようにやってみても、
自分ではうまくいかない。

悩んで、失敗を繰り返しながら、
だんだん自分のことがわかってくると、
無理に背伸びをしてもダメなんだ
とわかってきます。

ちょこっとだけ背伸びすることで、
少しだけ進める。

そのちょこっとずつを、
コツコツ積み重ねていけばいいんだ
と気付くんですね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る