呂坤(呻吟語)の名言

呂坤のプロフィール

呂坤(呻吟語)
書籍一覧

呂坤(りょこん/1536年-1618年)は、処世哲学書「呻吟語」(しんぎんご)の著者として知られている中国・明時代の儒学者哲学者。山東参政、山西按察使、陝西右布政使、巡撫山西右僉都御史、刑部左侍郎などを歴任し厳明な政治を敷いた政治家でもあり、多くの著書を残した。呂坤の代表作となっている「呻吟語」は、中国古典籍の名著として知られ、現在でも高い人気を誇っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「呻吟語」「四礼疑」「四礼翼」「交泰韻」「閏範」「実政録」「去偽文集」などがある。

呂坤(呻吟語)の名言集

貧しいからといって、
恥じる必要はない。

恥ずべきは、
貧しくて志がないことである。

地位が低いからといって
卑下する必要はない。

卑下すべきは、
地位が低くて
能力のないことである。

年老いたからといって
嘆く必要はない。

嘆くべきは、
年老いて目的もなく
生きていることである。

死を迎えるからといって
悲しむ必要はない。

悲しむべきは、
死んだあとに、この世に役立つものを
残さないことである。

政治がうまくゆくか否かは、
上に立つ者の姿勢にある。

じっとこらえるか、
感情を爆発させるか、
そのどちらを取るかが、
幸不幸の分かれ目となる。

(原文:忍激の二字は、
これ裕福の関なり。)

「知」と「愚」の分かれ目は、
本を読むか読まないかにある。

(原文:知恵は他なし、
書を読むと読まざるとにあり。)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る