孫子の名言

孫子のプロフィール

孫子
書籍一覧

孫子(そんし)は、武経七書の一つに数えられている中国の兵法書。作者とされているのは中国古代の武将・軍事思想家「孫武」(そんぶ)。戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が一般的であった時代に、戦争には勝った理由・負けた理由があることを説いた書物であり、計篇(序論)、作戦篇(準備計画について)、謀攻篇(勝利を収める方法)、形篇(攻守態勢論)、勢篇(軍勢の勢いについて)、虚実篇(主導性の発揮について)、軍争篇(敵軍の機先の制し方)、九変篇(戦局変化についての対応論)、行軍篇(行軍について)、地形篇(地形ごとの戦術について)、九地篇(地勢ごとの戦術について)、火攻篇(火攻め戦術について)、用間篇(敵情偵察について)の全13篇で構成されている。また、日本への伝来に関しては、平安時代初期に編纂された勅撰史書「続日本紀」に孫子の記述があり、この頃には実戦に用いられていたことが史料的に確認できている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

孫子の名言集

勝って勝つのは下策。
戦わずに勝つのが最上。

彼を知りて己を知れば、
百戦して殆(あや)うからず。

彼を知らずして己を知れば、
一勝一負す。

彼を知らず己を知らざれば、
戦うごとに必ず殆うし。

其の疾(はや)きこと、
風の如く

其の徐(しず)かなること、
林の如く

侵掠(しんりゃく)すること、
火の如く

動かざること、
山の如く

知り難きこと、
陰(かげ)の如く

動くこと、
雷霆(らいてい)の如し。

利にあらざれは動かず、
得にあらざれば用いず、
危にあらざれば戦わず。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る