高原慶一朗の名言

高原慶一朗のプロフィール

高原慶一朗
著書一覧

高原慶一朗(たかはら けいいちろう/1931年-)は、愛知県出身の実業家。生理用品と紙オムツの分野でトップシェアを誇る「ユニチャーム」の創業者。 内閣官房行政減量・効率化有識者会議委員、文部科学省革新技術活性化委員会委員長、日本経済団体連合会起業創造委員会委員長、四国経済連合会副会長などの公職も歴任。2004年に旭日重光章を受章。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「全社共振の感動経営 自己革新・組織革新・仕組み革新でつくる」「理屈はいつも死んでいる」「賢い人ほど失敗する 要領が悪い人でも成功するヒント」「やる気やるチャンスやる力 ビジネスで成功する100の知恵」「チャレンジ立国論 会社や産業を創り、壊し、再生する」などがある。

高原慶一朗の名言集

失敗してもチャレンジすれば、
いつも成功の過程にいられる。

成功するまで続けることが
成功のコツ。

「そんなやり方では遅い!
ビジネスはもっとスピードが必要だ」

そんな声に耳をかす必要は、
とりあえずありません。

人が一時間で済ませるものを、
考えに考えて二時間かけてみよ。

「鈍」な体験から得られるものは、
決して小さくはない。

頭は悪い方が良い、
いや頭は悪くなければいけないのです。

昨日までは取り戻せないが、
未来は青天井、
現時点の決意いかんでどうにでもなる。

他人との比較で
勝ち負けを決めるな。

人と比べるのではなく、
過去の自分と競争しよう。

自己ベストを出した人は
みんな勝者だ。

当たり前のことを、
当たり前とバカにしている人は成功できない。

当たり前がいちばんむずかしく、
また見落としやすい。

突飛なことや奇をてらうのは、
一見、派手で目立ちやすいが
継続がむずかしい。

高原慶一朗の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る