織田信長の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

織田信長のプロフィール

織田信長
書籍一覧

織田信長(おだ のぶなが/1534年6月23日※諸説あり-1582年6月21日/男性)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将・戦国大名。室町幕府を事実上の滅亡に追い込み、強力な中央政権を確立した人物であり、天下統一を目前に命を落としたものの、戦国時代の終結に多大な影響を与えた。織田政権は、家臣の豊臣秀吉による豊臣政権に引き継がれ、その後、徳川家康が開いた江戸幕府へと続いていくことになる。今日においては三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)の一人として高い人気を誇っている人物であり、好きな歴史上の人物ランキングなどでは常に上位に名前が並ぶなど、日本を代表する歴史上の人物として世界でも広く知られている。ただ、江戸時代においては「神君」扱いされた徳川家康や『絵本太功記』などで庶民に人気の高かった豊臣秀吉に比べると、庶民の間での評価はそれほど高くなかったとのこと。信長の評価が高まったのは明治時代に入ってからであり、明治の勤皇思想が強まった時期に勤皇家として評価され、明治政府が織田信長を祀る神社を建立。戦後になると、信長の政治面での評価が高まり、現在に繋がる改革者としてのイメージが定着していった。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

織田信長の名言集

理想や信念を見失った者は、
戦う前から負けているといえよう。
廃人と同じだ。

理想を持ち、
信念に生きよ!

臆病者の目には、
敵は常に大軍に見える。

攻撃を一点に集約せよ、
無駄な事はするな。

必死に生きてこそ、
その生涯は光を放つ。

仕事は自分で探して、
創り出すものだ。

与えられた仕事だけをやるのは、
雑兵にすぎない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る