孫正義の名言 第2集

孫正義の名言2

孫正義

ソフトバンクグループの創業者として知られる実業家「孫 正義」(そん まさよし)の名言 第2集をお楽しみください。

孫正義の名言集

私の事業で、例えば
世界のどこかの小さな女の子が
にっこり微笑む。

そんな一瞬のために
業界ナンバー1になりたい。

自分自身を
説得できるかどうかが
成功の第一条件。

脳はちぎれるほど使え!
ちぎれるほど考えても
脳はちぎれない。

うまくいかなくても
やったことは全部
将来の自分の
プラスになります。

自分一人の命のことで
何をくよくよしているんだ。

守りに入り
年間二割や三割ずつ
売り上げを伸ばしてみても
しょうがない。

どうせ一回しかない人生
悔いを残さないように
自分の思うとおりにやろう。

近くを見るから
船酔いするんです。

100キロ先を見てれば
景色は絶対にぶれない。

ビジョンがあれば、
少々の嵐にもへこたれません。

苦しいときこそ
船と仲間を命がけで
守れる人でなければ
大将になってはいかんのです。

試練なんて黙っていても
やってくるものなんです。

脳みそが千切れるほど考え
全力投球したときには
不可能なことは非常に少ない。

他の人間にできることならば
同じ人間である僕に
できないはずはない。
僕はそう思うんです。

負ける戦いはしない。
負けるだろうという
戦いはもちろん
負けるかもしれないとか
苦戦するだろうという戦いは
最初からしないことです。

実際の事業が始まって
営業を開始するときには
全体構想の9割は
終わっていないといけない。

己の限界を叩き壊して励む事。
これを挑戦という。

自分の人生の成行きを
他人のせいにしてはならない。

私がこき下ろされるのは構わない。
笑われてもいい。

ただ、日本の将来が
笑われない様にしなければ。

責任転嫁をしてはならない。
全ての責任は己の中にある。

その様に覚悟を決めるだけで
物事は前進する。

人間は究極のところ
自己満足のために生きている。

その分野で圧倒的
ナンバーワンになれる
シナリオを

明確にしてからではないと
僕は手をつけたくない。

自分がこの世に生まれてきて
何か志したものがあったなら

それをトコトン
つきつめていって

完全燃焼できるような
人生をおくりたい。

孫正義の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る