マルク・レヴィの名言

マルク・レヴィのプロフィール

マルク・レヴィ
著書一覧

マルク・レヴィ(Marc Levy/1961年10月16日-/男性)は、フランス・ブローニュ=ビヤンクール出身の小説家、元実業家。1991年に友人と共に建築事務所を設立し、フランス有数の建築事務所に育つなど実業家として成功を果たす。1998年に息子のために書いていた小説が出版されることとなり、小説家に転身。デビュー作の『夢でなければ』は映画化になり、ベストセラーを記録。その後もベストセラー作を多数生み出している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

著書

主な著書に「ぼくの友だち、あるいは、友だちのぼく」「夢でなければ」「時間を超えて」「あなたを探して」「永遠の七日間」などがある。

マルク・レヴィの名言集

若いころは、
自分は何者なんだろう、
何のために生きているんだろう

と、アイデンティティが
確立できずに悩みますよね。

私も同じで、仕事に就くことで、
その答えを見つけようとしたんです。

でも現場にいると、
そんな悩みは吹っ飛びます。

自分の存在意義なんて、
考えなくともそこにあるんですから。

人生はいつ終わってしまうか
わからない。

未来を築きたかったら、
今を充実させなくてはならない。

地球は自分を中心に
回っているのではない。
回ってる世界のひとつが自分。

違った考えを持った人たちと
共存し合う。

これは人が成長する上で
非常に重要なことなんです。

違った価値観を持った人同士、
対立するのではなく、
お互いを認め合って共存する。

そこから
素晴らしいものが生まれるんです。

会社の運営は
船を運航させるのと似ています。

船員たちは、
それぞれ持ち場を持っている。

お互いが尊敬し合わなければ、
船は前に進みません。

会社も同じです。
どの仕事も非常に重要で、
上下はない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る