Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
水戸黄門(水戸光圀/徳川光圀)の名言 | 地球の名言

水戸黄門(水戸光圀/徳川光圀)の名言

水戸黄門(水戸光圀/徳川光圀)のプロフィール

水戸黄門
書籍一覧

徳川光圀(とくがわ みつくに/1628年7月11日-1701年1月14日/男性)は、”水戸黄門”の名称で有名な常陸国水戸藩の第2代藩主徳川家康の孫に当たる人物であり、寺社改革や殉死の禁止、快風丸建造による蝦夷地の探検などを行ったほか、『大日本史』と呼ばれる修史事業に着手し、古典研究や文化財の保存活動などの文化事業を行ったことで知られる。将軍綱吉期には徳川一門の長老として幕政にも影響力を持っていたとのこと。また、白髭と頭巾姿で諸国を行脚してお上の横暴から民百姓を助けるという「黄門漫遊譚」が江戸時代後期から近代にかけて確立しており、「水戸黄門」像として広く認知されているが、実際は『大日本史』の編纂に必要な資料収集のために家臣を諸国に派遣した事や隠居後に水戸藩領内を巡視した話などを元に諸国漫遊がイメージされたものであり、光圀自身は日光や鎌倉、金沢八景、房総などしか訪れていないとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

水戸黄門(水戸光圀)の名言集

誕生日は、
最も粗末な食事でいい。

この日こそ、
母を最も苦しめた日なのだから。

生くべきときに生き、
死すべきときに死す。

死をもって証明するしか
方法がないときにはじめて
切腹するわけであって、

苦しきを逃れるための自殺は、
卑怯なだけである。

欲と色と酒を
敵と知るべし。

苦は楽の種、
楽は苦の種と知るべし。

九分に足らば、
十分にこぼるると知るべし。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る