Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
パブロ・ピカソの名言 | 地球の名言

パブロ・ピカソの名言

パブロ・ピカソのプロフィール

パブロ・ピカソ
書籍一覧

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso/1881年10月25日-1973年4月8日)は、フランスで制作活動を行った画家彫刻家美術家芸術家として世界的に著名な人物であり、生涯に約1万3500点の油絵と素描、約10万点の版画、約3万4000点の挿絵、約300点の彫刻と陶器を制作し、『ギネスブック』には最も多作な美術家として記されている。ピカソの作風は年代ごとに大きく変化しており、作風ごとの時期を「◯◯の時代」と呼ばれている。主な作風(-時代)には、青の時代(1901年-1904年/青色無機顔料のプロシア青をベースとする暗青色が基調)、ばら色の時代(1904年-1907年/明るい色調でサーカスの芸人などを描いた)、アフリカ彫刻の時代(1907年-1908年/アフリカ彫刻の影響を強く受けている時期)、セザンヌ的キュビスムの時代(1909年/セザンヌ的な傾向の強い風景画)、分析的キュビスムの時代(1909年-1912年/極度に抽象的かつ禁欲的なものになる)、総合的キュビスムの時代(1912年-1918年/ロココ的キュビスムとも呼ばれる色彩と装飾性が特徴的な時期)、新古典主義の時代(1918年-1925年/古典的で量感のある母子像を多く描く)、シュルレアリスムの時代(1926年/化け物のようなモチーフが描かれた時期)、ゲルニカの時代(1937年/フランコのゲルニカ爆撃を非難し『ゲルニカ』等を描く)などがある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

代表作

特に有名な代表作には「アヴィニョンの娘たち」「泣く女」「ゲルニカ」などがある。

パブロ・ピカソの名言集

明日に延ばしてもいいのは、
やり残して死んでもかまわないことだけ。

私はいつも
自分のできないことをしている。

そうすれば
できるようになるからだ。

芸術は、
苦しみと悲しみから生まれる。

どんな創造的活動も、
はじめは破壊的活動だ。

ダメなアーティストは真似ようとする。
偉大なアーティストは盗むんだ。

大切なのは、
熱狂的な状況をつくり出すこと。

コンピューターなんて役に立たない。
だって、答を出すだけなんだから。

想像できることは、
全て現実なのだ。

私の創造の源泉は、
私が愛する人々である。

冒険こそが、
わたしの存在理由である。

私には、
過去も未来もない。

ただ現在に生きるために
絵を描いている。

ひらめきは、
自分で呼び込めるものではない。

わたしにできるのは、
ひらめきを形にすることだけだ。

私は対象を見えるようにではなく、
私が思うように描く。

ようやく子どものような絵が
描けるようになった。

ここまで来るのに
ずいぶん時間がかかったものだ。

明日描く絵が、
一番すばらしい。

誰もが芸術を理解しようとする。
ならば、なぜ鳥の声を
理解しようとはしないのか。

人がゆるや花を、
そして自分を取り巻くすべてのものを、
理解しようとしないので愛せるのは、
なぜだろうか。

なぜ芸術に限って、
人は理解したがるのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る