広瀬隆の名言

広瀬隆のプロフィール

広瀬隆
著書一覧

広瀬隆(ひろせ たかし/1943年1月24日-/男性)は、東京都出身の作家。父は建築家「広瀬三郎」。早稲田大学理工学部応用化学科を卒業後、メーカーに技術者として勤務。同社を退社後、医学書や技術書の翻訳を手がけた後、執筆活動に入る。原子力の危険性を説いた『東京に原発を!』『危険な話』などを発表し、反原発活動家としても知られるほか、『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』などアメリカの権力構造を分析した著書も多数発表している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

著書

主な著書(共著含む)に「赤い楯 ロスチャイルドの謎」「アメリカの巨大軍需産業」「原発ゼロ社会へ!新エネルギー論」「こういうこと。終わらない福島原発事故」「第二のフクシマ、日本滅亡」「持丸長者 日本を動かした怪物たち」「新エネルギーが世界を変える 原子力産業の終焉」「一本の鎖 地球の運命を握る者たち」「カレル橋の1ユ-ロ」「原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識」「原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島」「原発破局を阻止せよ!」「象の背中で焚火をすれば」「原発の闇を暴く」「福島原発メルトダウン FUKUSHIMA」「資本主義崩壊の首謀者たち」「二酸化炭素温暖化説の崩壊」「アメリカの経済支配者たち」「アメリカの保守本流」「犠牲のシステム福島・沖縄」「予言された二十一世紀 歴史を目撃した映画」「世界金融戦争 謀略うずまくウォ-ル街」「燃料電池が世界を変える エネルギ-革命最前線」「ドイツの森番たち」「地球のゆくえ」「日本のゆくえ アジアのゆくえ」「パンドラの箱の悪魔」「地球の落とし穴」など多数。

広瀬隆の名言集

苦労を重ねると、
自然に哲学が深まっていく。

いろんなことに疑問を持ち、
自分の頭で
考えるようになるからです。

苦労していない人の話は、
ちっとも面白くない。

メインストリートばかり
歩かなくともいいんです。
人生は裏道が面白いんですから。

何かを身につけようと思ったら、
お金を払って学んでも
たいして役に立ちません。

逆にお金をもらって
必死に体得したもののほうが、
ずっと身につくんです。

お金を貯めるより、
知恵を貯めたほうがいい。

人生哲学を持って生きている人ほど、
強いものはありません。

知恵を豊かにして生き延びていれば、
きっといつか花開く時がくる。

すぐにはこないですよ。
でも、きっとくる。

そう思って生きていくのが、
人生の醍醐味ですよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る