Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
中江裕司の名言 | 地球の名言

中江裕司の名言

中江裕司のプロフィール

中江裕司
作品一覧

中江裕司(なかえゆうじ/1960年-/男性)は、京都府京都市出身の映画監督。琉球大学農学部へ入学して以来、沖縄県で生活している人物であり、学生時代から映画研究会で8ミリ作品を発表。オムニバス映画『パイナップルツアーズ』で商業映画デビューを果たし、日本映画監督協会新人賞を受賞。主に沖縄を舞台にした作品を発表しており、2000年に『ナビィの恋』で芸術選奨新人賞を受賞。また、2005年に那覇市の閉館した映画館を「桜坂劇場」として復活させ運営しているほか、体験ワークショップ「桜坂市民大学」なども開催。2010年に同劇場内に、沖縄クラフトのセレクトショップ「ふくら舎」をオープンさせ、焼き物の工房からの買い付けバイヤーも担当している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

作品

主な作品に「豚の音がえし BEGINが結ぶ沖縄とハワイの絆(2012年)」「たしかなあしぶみ~なかむらはるじ~(2012年)」「「情」の世界は滅びない ~未来に流れる琉球民謡~(2011年)」「真夏の夜の夢 ~さんかく山のマジルー~(2009年)」「40歳問題(2008年) 」「恋しくて(2007年) 」「白百合クラブ 東京へ行く(2003年)」「ホテル・ハイビスカス(2002年)」「琉球の魂を唄う(2001年)」「ナビィの恋(1999年)」「パイパティローマ(1994年) 」「パイナップルツアーズ(1992年)」などがある。

中江裕司の名言集

僕はね、目標を
立てたことがないんですよ。

今やっていることを精一杯続けて、
その結果が
目標になっていけばいいんです。

人生には、
ダメな時期が必ずあるでしょ。

そういうときに悶々としてないで、
どれだけいろんなものを
仕込めるか。

たくさん本を読むとか、
映画を観るとか。

興味のあるもの、
好きなものを
とことん追っかけてみる。

ダメな時期はチャンスなんです。
「地下潜伏期」だと思って、
どんどん仕込めばいい。

人に笑われることなんか気にしない。
やりたいことをやる。

縛られて生きてたって
面白くないですからね。

一人で幸せになれるなんてこと、
あり得ないんですよ。

採れたものを独り占めしたって、
幸せにはなれませんよね。

みんなで分け合うから
幸せなんです。

豊かさっていうのは、
そういうところにあるんです。

仕事って、自分のために
するものじゃないんです。

自分のためだけだと、
苦しくなって、
結局、行き詰まる。

人のためにやるから、
頑張れるんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る