是枝裕和の名言

是枝裕和のプロフィール

是枝裕和
作品一覧

是枝裕和(これえだ ひろかず/1962年6月6日-/男性)は、東京都出身の映画監督。早稲田大学の第一文学部文芸学科を卒業後、1987年に番組制作会社「テレビマンユニオン」に入社。テレビ番組のADやドキュメンタリー番組の演出を手掛けた後、1995年に『幻の光』で映画監督デビュー。国内外で高い評価を獲得している映画監督の一人であり、若手監督のプロデュースをはじめ、CMやミュージックビデオなどの演出も行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

作品

主な監督作品(映画)に「そして父になる(2013年)」「奇跡(2011年)」「空気人形(2009年)」「大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-(2008年)」「歩いても 歩いても(2008年)」「花よりもなほ(2006年)」「誰も知らない(2004年)」「DISTANCE(2001年)」「ワンダフルライフ(1999年)」「幻の光(1995年)」などがある。

是枝裕和の名言集

人は心を持たないほうが
ラクなんですよ。

心を持つということは
辛いことですから。

職場でもどこでも、
心を閉ざして表面だけで
笑ってるほうが絶対にラク。

でも、そうやって心を閉ざして
生きていると
つまらないんですよね。

それは、自分の中に
何にも入ってこないってことだから。

空っぽな部分に自分ひとりで
何かを入れようとしても、
満足感は得られない。

なぜなら、自分では同じものしか
入れられないからなんです。

人って、誰かと接することで
作られていく生き物なんだと思います。

人と関わりを持つと、次の瞬間、
風景が変わって見えるのね。

そんなふうに
「自分の中の変化を受け入れる」こと。

そういうのを「成長」
っていうんだと思う。

自分で自分を褒められることが
あるとするならば、

僕は「これは自分の仕事だ」
と思ったら、
徹底的に頑張ってきた。

天気ってどうせ
思い通りにいかない。

曇ったら、
曇ったシーンにしちゃえばいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る