船戸与一の名言

船戸与一のプロフィール

船戸与一
作品一覧

船戸与一(ふなど よいち/1944年2月8日-/男性)は、山口県下関市出身の小説家。本名は「原田建司」。早稲田大学法学部を卒業後、出版社勤務などを経てフリーに転身し、1979年に『非合法員』で小説家デビュー。主に冒険小説の分野で高い評価を獲得している。主な受賞歴に吉川英治文学新人賞(『山猫の夏』)、日本推理作家協会賞(『伝説なき地』)、山本周五郎賞(『砂のクロニクル』)、直木三十五賞(『虹の谷の五月』)、日本冒険小説協会大賞など多数。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

著書

主な著書に「砂のクロニクル」「海燕ホテル・ブルー」「虹の谷の五月」「祖国よ友よ」「非合法員」「夜のオデッセイア」「群狼の島」「山猫の夏」「銃撃の宴」「神話の果て」「カルナヴァル戦記」「猛き箱舟」「伝説なき地」「メビウスの時の刻」「緑の底の底」「かくも短き眠り」「黄色い蜃気楼」「午後の行商人」「龍神町龍神一三番地」「緋色の時代」「三都物語」「河畔に標なく」「降臨の群れ」「藪枯らし純次」などがある。

船戸与一の名言集

今の若い人は、大学生でも
老後の心配をしているという。

これは本当にかわいそうだし、
不幸なことだと思う。

将来に確たるものなんか
何もないことは
みんなわかっているはずでしょう。

心配してもしょうがないのに、
どうして老後の心配などするのか。

とにかく安全に、安心に、
と考えてしまうことのほうが、
むしろ心配です。

もし若いときに旅をしなかったら、
くたばる前にどんな思い出話をするのか。

もっと人生を楽しむことを
考えたほうがいい。

本気のものは人を惹きつける。
これは小説に限らずだと思う。

「やりたいことをせよ、
好きなことを仕事にしろ」と
主体的な生き方を強制される。

これは、今の若い世代の
不幸だと思う。

やりたいことがわからない人に、
好きなことをしろというのは
非常に酷。

だから言いたいのは、
そうじゃない生き方もあっていい、
ということです。

主体的に生きてもいいけれど、
何も考えずに
世間が命じるままに生きてもいい。

向いている仕事なんて、
実はない。

そんなもの、
自分ではわからないんです。

私だって今でも
向いてないと思ってるんだから。

それよりも目の前のことに
誠実になることです。
そこから始めたらいいんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る