徳岡邦夫の名言

徳岡邦夫のプロフィール

徳岡邦夫
著書一覧

徳岡邦夫(とくおか くにお/1960年-/男性)は、日本料理の高級料亭として知られる「京都吉兆」の代表取締役社長(三代目)、料理人。「日本料理の神様」とも称された湯木貞一の孫にあたる人物であり、20歳頃から本格的な修業を始め、35歳の時に京都・嵐山本店の総料理長に就任。その後、京都吉兆グループを統括するようになり、国際的な料理サミットなどにも多数参加している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

著書

主な著書(共著含む)に「料亭「吉兆」を一代で築き、日本料理と茶の湯に命を懸けた祖父・湯木貞一の背中を見て」「おいしい野菜の見分け方」「嵐山吉兆 四季の食卓シリーズ」「花鳥風月みな料理なり 男の生きざま」「嵐山吉兆男子の台所」「京都吉兆しごとの作法 感動を超えた「感涙」のサービスへ」「嵐山吉兆 酒のつまみ」などがある。

徳岡邦夫の名言集

自分には何にもない
とわかったとき、
効率よく上達する方法など
もともと無いことに気づきました。

真正面から立ち向かうしかない、
ということがしだいに
わかっていったんです。

ここまで来ると、
ようやく本気の力が出てくるんです。

退路を完全に断たれたからこそ、
出てくる力というものがある。

あきらめなければ、
絶対にうまくいくんです。

失敗は、
次の成功につながる種になる。

「プロフェッショナルとは?」
とテレビの取材で聞かれて、
「結果を出せる人」だと私は言いました。

でも、結果を出すことは
簡単ではない。

だから言葉を換えれば、
「結果が出るまであきらめない人」
といったほうがいいかもしれません。

成功するまでやり続けられる人こそが、
プロフェッショナルだと私は思うんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る