石田明の名言

石田明のプロフィール

石田明
書籍一覧

石田明(いしだ あきら/1980年2月20日-/男性)は、大阪府大阪市出身のお笑い芸人。漫才コンビ「NON STYLE」(ノン・スタイル)のボケ・ネタ作りを担当している人物。高校卒業後、板前の道を進んでいたが、後の相方となる井上裕介に誘われて漫才を始める。2000年にプロデビューを果たし、爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン、2008年にM-1グランプリで王者を獲得。2011年には舞台「スピリチュアルな1日」で本格演劇で初主演を務めた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

著書

主な著書に「万歳アンラッキー」などがある。

石田明の名言集

逃げずに済んだのは、
お笑いだけが
よりどころだったから。

むっちゃ面白い人が
「お笑いやらへんか」
って声かけてくれた。

誰かに必要とされることなんて、
それまでの自分には
ありえへんことでした。

笑いのおかげで
やっと自信を持てたんです。

負けて悔しいのは、
ステージに立つ器に
成長できたから。

自分の中で楽しいだけ
じゃ嫌なんです。

どんだけピアノがうまくても、
家で弾いてるだけやったら
悲しいでしょ。

お笑いは自分の子どもですから、
スベったときは
ごめんなって抱きしめてやる。

でも、みんなの前には
自信を持って送り出してやる。
それが僕の生きがいなんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る