山田俊亜の名言

山田俊亜のプロフィール

山田俊亜(やまだ としあ/1972年-/男性)は、東京都出身の消防士、レスキュー隊員。1994年に東京消防庁に入庁。永田町特別救助隊、八王子特別救助隊、青梅特別救助隊を経て、2009年に第八本部消防救助機動部隊に配属。大規模災害時に出動する東京消防庁の精鋭部隊である同部隊は、通称「ハイパーレスキュー隊」の名で知られている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

山田俊亜の名言集

どうして毎日、苦しい
体力錬成ばかりするのか、
やはり救助に必要だからです。

身体を鍛えておけば極端に言うと、
酸素の消費量も少なくて済みますし、
過酷な火災現場でも活動を続けられる。

鍛えていなければ、
あとほんの1メートル先で
救助を待っている方に
手が届かないかもしれない。

だからこそ、
とことん鍛えるんです。

得意とはいえない勉強をして、
資格をとるのも同じことです。

瓦礫をどかして人命救助するには
重機を動かす必要がある。

それには資格がいる。
だから勉強する。
それだけのことです。

そうやって私たちは
自分ができることを
少しずつ増やしていくしかない。

便所掃除でもなんでも
自分にできることから始めて、

一歩一歩、
日々を積み重ねていくことしかない。

その場その場で、
思いっきりやることでしか、
未来は作れないのだと思います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る