加藤友康の名言

加藤友康のプロフィール

加藤友康
書籍一覧

加藤友康(かとうともやす/1965年-/男性)は、大阪府出身の実業家。レジャー事業開発、飲食店、ホテル事業などを展開する「カトープレジャーグループ」の代表取締役兼CEOを務める人物。22歳のときに父親の急逝により事業を引き継ぎ、代表取締役に就任。以来20年余りで、年商130億円企業へと成長させた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「経営者が欲しい、本当の人材 就職、転職に役立つ成功の法則」「「事業不敗」のヒント 世界一楽しい仕事」「日本ビジネスマン・ウイルス」「成功する人 成功へのプロデュ-ス思考」などがある。

加藤友康の名言集

私のような事業家の価値は、
やりとげてきた
事業の結果しかありません。

その結果が悪ければ、
それはだめな事業家です。

結果がよければ、
しかもつねに結果を出してきたのなら、
その事業家はよい事業家です。

「自負がある」とか「自慢する」
などという弱い意味ではなく、
これが事実なのです。

事業の失敗、すなわち敗北は、
事業家としての
死にも値するものです。
だから、私はつねに命懸けです。

命懸けだからこそ、
つねに勝利しているのです。

逆にいえば、
夢を果たすための条件は
まず命懸けでやることだともいえます。

正真正銘の本気で夢を
見ている人もいるでしょうが、

多くの場合、
「もし実現できたとして、
それで誰に何をしてあげられるの?」
と一言聞けばそこでわかります。

先の先、裏の裏まで調べ、
知り尽くしたうえで、

「オレはそれでもいいからなりたい」
といって真剣に努力しているのなら、
私は拍手を送ります。

しかし、たいていの場合、
そこまでは考えていません。

おそらくその世界のことを何も知らずに、
明るい部分だけ見て、
何とかなるだろうと夢を見ている。

自分だけの願望や欲求を
満たすことしか考えていない。

あなたの夢で何ができて、
誰が喜ぶのかを考えられない。

それでは、
実現できるはずがありません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る