星野佳路の名言

星野佳路のプロフィール

星野佳路
書籍一覧

星野佳路(ほしの よしはる/1960年4月29日-/男性)は、長野県出身の実業家。星野リゾート代表取締役社長。慶應義塾大学経済学部卒業、米国コーネル大学ホテル経営大学院修士課程了後、アメリカの日本航空開発(後のJALホテルズ)での勤務を経て、親の事業を継ぐ形で星野温泉に副社長として入社。父親の経営方針と対立したため、一時シティバンク銀行に転職したものの、再度呼び戻され株式会社星野リゾート社長に就任。各地で大型リゾート施設・温泉旅館を展開し、2003年には国土交通省より第1回観光カリスマ(北陸信越地)として選定された。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

星野佳路の名言集

あるべき方向に向かって、
最短距離を最速で進む。

それだけを考えていれば、
歩みが揺らぐことはないんです。

人がイキイキと仕事をするには、
「楽しい」と感じること、
それがすごく重要なんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る