尾形真理子の名言

尾形真理子のプロフィール

尾形真理子
著書一覧

尾形真理子(おがた まりこ/1978年-/女性)は、東京都出身のコピーライター。2001年に博報堂に入社し、LUMINE、資生堂、Tiffany&Co.、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、キリンビールなど多数の企業広告を手掛ける。主に女性に向けたコピーで高い評価を獲得している人物であり、朝日広告賞グランプリなど多数の賞を受賞している。2010年に『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で小説家デビューも果たした。(参考文献:ウィキペディア+リクナビNEXT)

著書

主な著書に「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」などがある。

尾形真理子の名言集

同じ高さの
ハードルばかりを設定していると、
誰より自分が飽きてしまう。

だから、いつも、
昨日の自分には書けなかった
コピーを書いてみたい。

「逃げ場をなくして
自分を追い込んだほうが頑張れる」

のが普通なのかもしれませんが、
そんな強い人ばかりじゃない。

いざとなったら辞めてもいいのだから、
今できることは
あきらめないで頑張ってみよう。

私はそう思ったほうが
頑張れるんです。

もうこれしかない!と思い詰めると、
後にも先にもひけなくなって、
ますます辛くなってしまいますから。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る