Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
新海誠の名言 | 地球の名言

新海誠の名言

新海誠のプロフィール

新海誠
作品一覧

新海誠(しんかい まこと/1973年2月9日-/男性)は、長野県南佐久郡出身のアニメーション作家監督。本名は「新津 誠」(にいつ まこと)。中央大学文学部を卒業後、ゲーム会社「日本ファルコム」に入社。パソコンゲームなどのオープニングムービーを手掛けながら、自主制作アニメーションを制作し、1998年に『遠い世界』でeAT’98・特別賞、2000年に『彼女と彼女の猫』で第12回CGアニメコンテスト・グランプリを受賞。2000年頃に日本ファルコムを退社し、フリーランスに転身。以降はアニメーション映画も手掛けるようになり、2004年に公開した初の劇場長編作品『雲のむこう、約束の場所』は、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞。また、2007年に公開した『秒速5センチメートル』は単館上映でありながら興行収入1億円を記録している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+リクナビNEXT)

作品

主な映像作品に「彼女と彼女の猫/2000年」「ほしのこえ/2002年」「雲のむこう、約束の場所/2004年」「秒速5センチメートル/2007年」「星を追う子ども/2011年」「言の葉の庭/2013年」などがある。

新海誠の名言集

まずは、どんなものでも
世に出すことが大事だと思うんです。

そのためには、
プライドは捨てたほうがいい。

作品を世の中に出すと、
いろいろなことを言われます。
僕自身もいろいろと叩かれました。

だからといって、
ちゃんとした作品になるまで

世の中に出さないのでは、
いつまで経っても作品は出せません。

どんなに悪く言われようと開き直る
精神的なタフさを持つことが
必要だと思います。

他人の批評や批判を
全く聞かないのでは、
商品として成立する作品は
作れません。

やはり客観性を持つことが
大切ですから。

人の声を聞かずに
人の心を動かせるものを作れるほど、
自分は豊かではないけれども、

人の声を聞きすぎると、
自分が大事にしているものが
なくなってしまう。

このバランスをうまく保つためには、
どうしても譲れない
「芯」みたいなものを見つけて、

最初から最後まで
しっかり持っておくこと。

これが一番
大事なんだと思います。

見てくれた人が一万人いたら、
そのうち一人だけでもいいから、

その人の人生を変えてしまうような
力のある作品を作りたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る