ジャン・シベリウスの名言

ジャン・シベリウスのプロフィール

ジャン・シベリウス
書籍一覧

ジャン・シベリウス(Jean Sibelius/1865年12月8日-1957年9月20日/男性)は、フィンランドの作曲家音楽家。ヘルシンキ音楽院で作曲等を学び、1889年にベルリンに留学。ウィーン音楽院では、カール・ゴルトマルクに師事。青年期にはヴァイオリニストを志していたが、後に作曲に専念するようになり、交響曲や交響詩、ヴァイオリン協奏曲のほか、劇音楽・歌曲・ピアノ曲など多数の作品を世に残した。また、歌曲においてはフィンランドの詩人「ヨハン・ルードヴィグ・リューネベリ」の詩を用いることが多かったことでも知られている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「クレルヴォ交響曲 op.7」「交響曲第1~7番op.39・43・52・63・82・104・105」「交響詩『エン・サガ』op.9」「レンミンカイネン組曲 op.22」「交響詩『フィンランディア』 op.26」「交響幻想曲『ポホヨラの娘』 op.49」「交響詩『夜の騎行と日の出』 op.55」「交響詩『吟遊詩人』 op.64」「交響詩『ルオンノタル』 op.70」「交響詩『大洋の女神(波の娘)』 op.73」「交響詩『タピオラ』 op.112」「『カレリア』の劇音楽 op.10・11」「『愛国記念劇』のための音楽 op.25・26」「『クリスチャン2世』の劇音楽/組曲 op.27」「『クオレマ(死)』の劇音楽 op.44-1・44-2 op.62a・62b」「『ペレアスとメリザンド』の劇音楽/組曲 op.46」「『イェーダーマン』の劇音楽 op.83」「『テンペスト(嵐)』の劇音楽 op.109」など多数。

ジャン・シベリウスの名言集

批評家の言うことなどに
耳を傾けてはいけない。

これまでに批評家の銅像など
建てられたためしはないのだから。

自然はこんなにも美しい。
人生に別れを告げるなんて
考えられないよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る