升田幸三の名言

升田幸三のプロフィール

升田幸三
著書一覧

升田幸三(ますだ こうぞう/1918年3月21日-1991年4月5日/男性)は、広島県双三郡出身の将棋棋士、実力制第4代名人。史上初の全冠制覇(三冠王)を達成した人物であり、その独創的な指し手やキャラクター、数々の逸話などで将棋界の歴史に名を刻んだ名棋士の一人。また、当時の王将戦は三番手直りで、3勝差がついた時点で残りの対局を香落ちと平手を交互に指す制度になっていたため、名人を相手に香車を引いて勝利した唯一の棋士でもある。1973年に紫綬褒章を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(対局集を含む)に「名人に香車を引いた男 升田幸三自伝」「王手 ここ一番の勝負哲学」「勝負 人生は日々これ戦場」「歩を金にする法」「升田の将棋指南シリーズ」「升田幸三名局集」「升田将棋選集シリーズ」などがある。

升田幸三の名言集

踏まれても叩かれても、
努力さえしつづけていれば、
必ずいつかは実を結ぶ。

時代は変わっても、
人間を磨くのは
目的に挑戦する苦労
だということは変わりません。

いまの人も苦労はしてるが、
それは物欲を満たす苦労で、
自分独特、独創の苦労ではない。

プロとアマの違いは
アマは真似でも通用するが、
プロの道は独創。

またそうでなきゃ通用しない。
だから苦しいが
喜びも計り知れない。

大切なのは
創造です。

人真似を脱し、
新しいものをつくり出すところに、
進歩が生まれる。

全局のことでも、
また局部、局部のことでも、

その一手の差を慎重に、
そして最善をつくす人が、
“勝ち”にゆくわけで、

一手ぐらいなどといって、
気楽にしとるやつが、
結局は敗北につながる。

せんじつめていえば、
もっている欠点を長所にする。

これがプロの芸
ということになるわけです。

イチかバチかのやけっぱち
みたいなことをやるのを、

勝負師という人があるが、
これは間違いです。

そういうのは
勝負師とはいわない、
賭博師という。

一人前になるには
五十年はかかるんだ。

功をあせるな。
悲観するな。

もっと根を深く張るんだ。
根を深く掘れ。

歩は素晴らしいものだよ。
敵の陣地に行けば金になるけど
相手に取られると歩に戻る。

こんな合理的ないいものはない。
これをうまく使えるやつが名人だ。

勝負は、
その勝負の前についている。

人生は将棋と同じで、
読みの深い者が勝つ。

棋士は無くてもいい商売だ。
だからプロはファンにとって
面白い将棋を指す義務がある。

私は将棋は創作だと考えている。
何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。

もし一局ごとに新手を出す棋士があれば、
彼は不敗の名人になれる。

その差はたとえ
1秒の何分の一でもいい。

専門家というものは、
日夜新しい手段を発見するまでに
苦しまねばならぬ。

僕には不利だ、不可能だと
いわれるものに挑戦する性癖がある。

全部が全部
成功するわけではないけれど

それが新型になり、新手を生み、
つまり将棋の進歩に繋がる。

他の人は安全に先を考えるから
先輩の模倣を選ぶ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る