田中角栄の名言

田中角栄のプロフィール

田中角栄
書籍一覧

田中角栄(たなか かくえい/1918年5月4日-1993年12月16日/男性)は、新潟県出身の政治家。第64・65代内閣総理大臣をはじめ、郵政大臣(第12代)、大蔵大臣(第67・68・69代)、通商産業大臣(第33代)などを歴任した人物であり、内閣総理大臣在任中には日中国交正常化や日中記者交換協定、金大中事件、第一次オイルショックなどの政治課題に取り組んだ。自民党最大派閥の田中派を率いた人物でもあり、首相退任後も政界に大きな影響力を保ち続けたことから、マスコミなどでは「闇将軍」の異名で呼ばれることも多かった。また、高等教育を受けていない学歴の持ち主ながら首相にまで上り詰めたことから、「今太閤」とも称された。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

田中角栄の名言集

初めに結論を言え。
理由は、三つに限定しろ。

分かったようなことを言うな。
気の利いたことを言うな。

そんなものは
聞いている者は一発で見抜く。

借り物でない自分の言葉で、
全力で話せ。

そうすれば、初めて
人が聞く耳を持ってくれる。

いやなことは、
その日のうちに忘れろ。

自分でどうにもならんのに
クヨクヨするのは阿呆だ。

約束したら、必ず果たせ。
できない約束はするな。

借りた金は忘れるな。
貸した金は忘れろ。

時間の守れん人間は
何をやってもダメだ。

君達ね、
自分の置かれている立場を

有り難てェことだと
思わんとダメですよ。

寝言を言ったり
不満ばかり言っている奴は、

人生終わるまで
不満を抱き続ける人間になるぞ。

社会が悪い、政治が悪いなんて言って、
一体何があるんだ。

人に貢献できるようになってから
言うべきじゃ。

どんな境遇におかれて
辛い思いをしても、
天も地も人も恨まない。

俺の目標は、
年寄りも孫も一緒に、

楽しく暮らせる世の中を
つくることなんだ。

政治家は発言に、
言っていい事・悪い事、
言っていい人・悪い人、
言っていい時・悪い時、

に普段から
気を配らなければならない。

人間は、
やっぱり出来損ないだ。
みんな失敗もする。

その出来損ないの人間そのままを
愛せるかどうかなんだ。

政治家を志す人間は、
人を愛さなきゃダメだ。

東大を出た頭のいい奴はみんな、
あるべき姿を愛そうとするから、
現実の人間を軽蔑してしまう。

それが大衆軽視につながる。
それではダメなんだ。

そこの八百屋のおっちゃん、おばちゃん、
その人たちを
そのままで愛さなきゃならない。

そこにしか政治はないんだ。
政治の原点はそこにあるんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る