橋本左内の名言

橋本左内のプロフィール

橋本左内
書籍一覧

橋本左内(はしもと さない/1834年4月19日-1859年11月1日/男性)は、「啓発録」の著者として知られる越前国福井藩藩士思想家。緒方洪庵や杉田成卿に師事し蘭方医学を学び、その後、福井藩主の松平春嶽に側近として登用され、藩医や藩校・明道館学監心得を歴任。江戸幕府14代将軍を巡る将軍継嗣問題では、一橋慶喜擁立運動を展開し幕政の改革を訴えたほか、西欧の先進技術の導入や開国論を展開した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な著作に「啓発録」がある。

橋本左内の名言集

目標に達するまでの
道筋を多くしないこと。

男子たるものが
憂慮するところは、

ただ国家が安泰であるか
危機に直面しているか
という点のみ。

幼稚な心を
取り去らなければならない。

自己の修業を怠り、
父母への依頼心を持つなどは
幼稚な心である。

幼稚な心を持てば何事も上達せず、
とても天下の大豪傑などになれない。

武士道第一歩は、
幼稚な心を取り去ることだ。

激流にも耐えうる
柱のように揺るぎない
信念を心に持て。

勉、つとめるというのは、
自己の力を出し尽し、

目的を達成するまでは
どこまでも続ける

という意味合いを
含んだ文字である。

学問とは、
人として踏み行うべき正しい筋道を
修行することであって、

技能に習熟するだけのものでは、
決してない。

学とは”ならう”ということで、
すぐれた人物の立派な行いを習い、

みずからもそれを
実行していくことである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る