榊莫山の名言

榊莫山のプロフィール

榊莫山
書籍一覧

榊莫山(さかき ばくざん/1926年2月1日-2010年10月3日/男性)は、京都府生まれ・三重県育ちの書家作家。”バクザン先生”の愛称で親しまれた人物であり、前衛的な書画を多数発表した。商品ロゴなども多数手掛け、宝酒造「よかいち」のテレビCMをきっかけにTV番組にも多数出演したほか、エッセイなども多数出版しており、関連書も含めると生涯で実に100冊以上にも及んだ。また、司馬遼太郎との長年の親交でも知られ、莫山は司馬の著書『空海の風景』にも登場している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な著作に「天平ノ首飾り」「山中書話」「大和慕情」「路傍燦燦 莫山の野ゆき街ゆき」「莫山詩想」「文房四宝墨の話」「草庵に暮らす」「莫山日記」「自家菜園の愉しみ」「莫山つれづれ」「わが書と水墨 榊莫山作品集」「印章教室 その技法と鑑賞」「漢詩と歩く」「書の講座シリーズ」「莫山の寒山拾得」「芭蕉青春編」「大和を歩く 莫山水墨紀行」「わたしの良寛」「莫山歳時記」「書の歴史 中国と日本」「野の書 書の美をたずねて」「新・路傍の書」「空海書韻」「莫山美学」「莫山夢幻」「漢字ちょっといい話」「花アルトキハ花ニ酔ヒ」「書のこころ」「書百話」「大和千年の路」「野の書額の書」など多数。

榊莫山の名言集

真っすぐ前ばかり見とっても、
何も見えてこんで。

人生、大事なことは
横っちょの方に転がってるもんや。

思い通りにできる、
っちゅうのは、

決まっていっぱい
失敗した後や。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る