手塚真輝の名言

手塚真輝のプロフィール

手塚真輝
書籍一覧

手塚真輝(てづか まき/1977年9月20日-/男性)は、埼玉県出身のホスト経営者。歌舞伎町のホストクラブで人気ナンバーワンのホストとして活躍した後、2003年に独立し、ホストクラブ「Smappa!」「Smappa!morning」「APiTS -a place in the sun-」やカクテルバー「BRIAN BAR G」「B.B.B.」「みなみ」などを展開。また、同じくホストクラブ経営者の頼朝(よりとも)らと共にボランティア団体「夜鳥の界」を立ち上げ、定期的に深夜の街頭清掃活動などを行っているほか、清掃ボランティア団体「グリーンバード」の歌舞伎町チームでも中心的な役割を担っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだ(ディスカヴァー・トゥエンティワン/2009年)」などがある。

手塚真輝の名言集

やりつめたことが
自信につながるんだ。

真剣に練習したから
胸張れるんだ。

汗かいたから
逃げないんだ。 

真剣にやったことにしか、
ごほうびはない。

「芯」からの矛盾を
許しちゃいけない。

悩んだら、笑えるほうを選ぼう。
それが「芯」のはずだから。

たしかに、夢は95%以上の人が
かなえられないかもしれない。

でも、かなえられないかどうかは
やってみなければわからない。

だから、ムリしてでも
やっちゃえばいいんだ。

今やっていることは
やりたいことじゃないから
がんばれない?

いざその道に行ったら、
マジでやる?

そんなこと言ってるヤツは、
いつまでたっても
自分に言い訳をするだけだ。

今がんばれない人が、
いざチャンスが来たときに
がんばれるわけがない。

「好きなことをやる」と、
「好き(勝手)にやる」を
勘違いしてはいけない。

好き勝手にやることは、
結局「好きなことをやる」ことを
台無しにしてしまう。

「ラク=楽しい」じゃない。
僕にとって「楽しい」ことは、
絶対「ラク」なんかじゃない。

それどころか、
苦しい。

理由なんて考える人間の数だけある。
自分の出した答えこそが、正解だ。

「お前ががんばらなければ、
日本がダメになる。責任重大だ」

そんな飛躍したことを、
僕はミーティングのたびに言っている。

みんな「は~?」って顔をするが、
僕は大マジだ。

夢破れて下を向いて生きるのか。
めげずに前を見つづけて生きるのか。

成功者と呼ばれる人たちは、
みんなめげずに前を見て

敗者復活戦を勝ちあがってきた
人たちなんだ。

自分をあきらめるには
まだ早い。

どんな環境だってどんな状況だって、
やれることはただ一つ。

一歩を強く踏みだすこと。
それだけなんだ。

その一歩に
胸を張れ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る