カントの名言

イマヌエル・カントのプロフィール

カント
書籍一覧

カント(Immanuel Kant/1724年4月22日-1804年2月12日/男性)は、ドイツ観念論哲学の祖として知られるプロイセン王国出身の哲学者思想家。「我々は何を知りうるか」「我々は何をなしうるか」「我々は何を欲しうるか」という人間学の根本的な問いに対応する三つの批判書「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」で有名な人物であり、カントの思想は3つの批判の書にちなみ「批判哲学」とも呼ばれている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な著作・論文・講義に「活力測定考」「地球は老化するか、物理学的考察」「地球が自転作用によって受けた変化の研究」「火に関する若干の考察の略述(学位論文)」「天界の一般的自然史と理論」「形而上学的認識の第一原理の新しい解釈(就職論文)」「地震におけるきわめて注目すべき出来事について」「地震原因論」「続地震論」「風の理論の説明のための新たな註解」「物理的単子論」「自然地理学講義草案および予告」「オプティミズム試論」「運動および静止の新説」「神の存在証明の唯一の可能な証明根拠」「三段論法の四つの格」「美と崇高の感情に関する観察」「負量の概念を哲学に導入する試み」「自然神学と道徳の原則の判明性」「頭脳の病気に関する試論」「空間における方位の区別の第一根拠」「形而上学の夢によって解明された視霊者の夢」「純粋理性批判」「可感界と可想界の形式と原理」「学として現れるであろうあらゆる将来の形而上学のための序論」「世界市民的見地における一般史の構想」「啓蒙とは何か」「自然科学の形而上学的原理」「人倫の形而上学の基礎付け」「純粋理性批判」「人類史の憶測的起源」「実践理性批判」「判断力批判」などがある。

カントの名言集

もっとも平安な、
そして純粋な喜びの一つは、
労働をした後の休息である。

苦しみこそが、
活動の原動力である。

活動の中にのみ、
我々は我々の生命を感じる。

成功に至る第一歩は、
自分が心で何を望んでいるかを
見つけ出すことです。

それがはっきり分からないうちは、 何を期待しても駄目でしょう。

人間の構想力は、
明るい光のもとよりも、

暗がりのうちで
しっかりと働くものだ。

我が行いを見習えと、
誰にでも言えるような
行いを心がけなさい。

言葉は思想とともに
発達する。

言葉がはっきりしないのは
思想がはっきり
しないからである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る