マルセル・パニョルの名言

マルセル・パニョルのプロフィール

マルセル・パニョル
著書一覧

マルセル・パニョル(Marcel Pagnol/1895年2月28日-1974年4月18日/男性)は、フランス・ブーシュ=デュ=ローヌ出身の小説家劇作家映画作家。英語教師を経て劇作家となり、1924年に戯曲『名誉を売る商人』が初上演。1929年にテアトル・ド・パリ座のために書いた『マリウス』を1931年に自身で映画化。1946年にはアカデミー・フランセーズ会員に選ばれ、同栄誉を受けた最初の映画作家となる。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「名誉を売る商人/1925年・上演」「ジャズ Jazz/1926年・上演」「トパーズ/1930年・上演」「マリウス/1929年・上演」「ファニー/1932年・上演」「セザール/1936年・上演」「少年時代の思い出 – 父の大手柄/1957年・自伝」「少年時代の思い出 – 秘めごとの季節/1959年・自伝」「丘の泉・フロレット家のジャン・泉のマノン/1964年・小説」「少年時代の思い出 – 恋する時/1977年・自伝」「鉄仮面の秘密/1965年・随筆」などがある。

マルセル・パニョルの名言集

死ぬなんてことは何でもないが、
この世と別れるのが僕には辛い。

何を笑うかによって、
その人柄がわかる。

友人とは、私を指して
笑うことのできる人間である。
ただし、私を怒らせることなく。

人々が幸福になることを
難しく感じるのは、

過去を美化する一方で、
現在を実際よりも悪くとらえ、
未来を非常に不安定なものとして
とらえているからに過ぎない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る