加藤シヅエの名言

加藤シヅエのプロフィール

加藤シヅエ
書籍一覧

加藤シヅエ(かとう-/1897年3月2日-2001年12月22日)は、東京出身の婦人解放運動家政治家著述家。旧姓は「広田」、本名は「静枝」。父は工学者「廣田 理太郎(ひろた りたろう)」、夫は政治家「加藤 勘十(かとう かんじゅう)」、娘はコーディネーター「加藤タキ」。1948年の優生保護法成立に福田昌子や太田典礼、谷口弥三郎らと共に深く関わったことで知られる人物。貧民街での産児調節運動を啓蒙する「マーガレット・サンガー」の思想に大きな影響を受けている人物であり、渡米中に出会ったサンガーの思想が炭鉱町にも必要であることを痛感し、日本での運動を決意。帰国直後の1922年にサンガーを日本に招待し、講演会などを大々的に行い日本での産児調節運動を開始。1931年に日本産児調節婦人連盟を設立、1934年に産児制限相談所を開設。1946年4月の敗戦後はじめての総選挙(第22回衆議院議員総選挙)で当選(初の女性代議士39名の中の1人)。人工妊娠中絶と強制的不妊手術を合法化する目的で、1947年12月に優生保護法の法案を福田昌子と太田典礼の3人で提出(翌年に成立)。1950年の第2回参議院議員通常選挙に当選、1974年7月の政界引退まで参議院議員を務める。1970年に勲二等宝冠章受章、1988年に国連人口賞受賞、1997年に東京都名誉都民の称号を授与。晩年には「女性のための政治スクール」名誉校長や「家族計画国際協力財団」の会長なども務めていた。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書・著作・書籍(共著含む)に「産児制限と婦人」「ゆたかな生活を築くために : 受胎調節の実際的方法」「汝が名は母:わが半生の記」「国土自然保護について」「ひとすじの道」「想い出のふる」「ある女性政治家の半生」「愛は時代を越えて」「ふたつの文化のはざまから : 大正デモクラシーを生きた女」「愛・仕事・子育て すべてが生活」「最愛のひと勘十へ:加藤シヅエ日記」「加藤シヅエ百歳:愛と勇気の言葉の記録」「愛する「日本」への遺言」「百歳の幸福論:悔いなく今日を生きるための知恵」「加藤シヅエ:ある女性政治家の半生」「生きる:百歳人加藤シヅエ」「加藤シヅエ104歳の人生:大きな愛と使命に生きて」「加藤シヅエの遺言」「加藤シヅエ凛として生きる:104歳の人生が遺したもの」「産兒制限は是か否か?」などがある。

加藤シヅエの名言集

1日10回感動すること。

それが長生きの秘訣です。

一日に十回は感謝するの。

感謝は感動、健康、幸せの源なのよ。

昼寝は駄目です。

ボケずに
長生きする方法は4つ。

一日三合の牛乳を飲むこと、
一日に十分は静想すること、
人と話すこと、
一日十回は感動すること。

ただ長く生きてりゃいい
ってものじゃないのね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る