吉田松陰の名言 第2集

吉田松陰の名言2

吉田松陰
書籍一覧

明治維新の精神的指導者・理論者として知られる長州藩士、思想家、教育者、兵学者「吉田松陰」の名言 第2集をお楽しみください。

吉田松陰の名言集

末の世において道義を実践したならば、
必ずその時の人々から、
極端だといわれるであろう。

もしまた、世人から極端だと
いわれるくらいでなければ、
決して道義ではないのであって、

すなわち世俗に同調し、
濁った世に迎合したものにすぎない。

賞誉されて
忠孝に励む人は珍しくない。

責罰されてもなお忠孝を尽す人物こそ、
真の忠臣孝子である。

武士たるものが覚悟すべきこと、
実にこの一点にある。

士たるものの貴ぶところは、
徳であって才ではなく、
行動であって学識ではない。

私心さえ除き去るならば、
進むもよし退くもよし、
出るもよし出ざるもよし。

私心がまだ除き去られないと、
その進退出処みな私心に拘われて、
道に反することとなる。

成功するせぬは、
もとより問うところではない。

それによって世から謗(せんぼう)
されようと褒められようと、
自分に関することではない。

自分は志を持つ。
志士の尊ぶところは何であろう。

心を高く清らかにそびえさせて、
自ら成すことではないか。

人間たる者、
自分への約束をやぶる者が
もっともくだらぬ。

武士の心懐は、
いかに逆境に遭おうとも、
爽快でなければならぬ。

心懐爽快ならば
人間やつれることはない。

法律をやぶったことに
ついてのつぐないは、

死罪になるにせよ、
罪に服することによってできるが、

もし人間道徳の根本義をやぶれば、
誰に向かってつぐないえるか、

つぐないようが
ないではありませぬか。

生を捨ててみれば、
視界は雲なく露なく

きわめて澄みわたり、
世の現象がいかにもクッキリとみえ、

自分が何をすべきかの道も、
白道一筋、
坦々として眼前にあります。

今日の読書こそ、
真の学問である。

思想を維持する精神は、
狂気でなければならない。

決心して断行すれば、
何ものもそれを妨げることはできない。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に 成功なし。

教えるの語源は
「愛しむ」。

誰にも得手不手がある、
絶対に人を見捨てるような
ことをしてはいけない。

小人が恥じるのは
自分の外面である。

君子が恥じるのは、
自分の内面である。

志を立ててもって
万事の源となす。

(何事も志がなければ
判断も行動もできないという意)

吉田松陰の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る