石川啄木の名言

石川啄木のプロフィール

石川啄木
著書一覧

石川啄木(いしかわ たくぼく/1886年2月20日-1912年4月13日/男性)は、岩手県南岩手郡出身の歌人詩人。本名は「石川一」(-はじめ)。放浪時代を経て東京での作家活動に入り、1909年に文芸雑誌『スバル』を創刊。同年に東京朝日新聞の校正係に就任。1910年に第一歌集となる『一握の砂』を出版。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品・歌集等に「一握の砂」「悲しき玩具」「我等の一団と彼」「はてしなき議論の後」「啄木遺稿」「啄木歌集」などがある。

石川啄木の名言集

よごれたる
手を洗いし時のかすかなる
満足が今日の満足なりき

こころよき
疲れなるかな

息もつかず
仕事をしたる後(のち)の
この疲れ

願はくば一生、物を言ったり
考へたりする暇もなく、

朝から晩まで働きづめに働いて、
そしてバタリと死にたいものだ。

いかなる問題であっても、
具体的であるという事は、
最後の、しかして最良の結論だ。

我々は今、最も厳密に、
大胆に、自由に
今日を研究して、

其処(そこ)に我々自身にとっての
明日の必要を
発見しなければならぬ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る