チャールズ・ダーウィンの名言

チャールズ・ダーウィンのプロフィール

チャールズ・ダーウィン
書籍一覧

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin/1809年2月12日-1882年4月19日/男性)は、イングランド・シュロップシャー州出身の自然科学者地質学者生物学者。全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、自然選択によるプロセスを通して進化したという種の形成理論を構築したことで知られる人物であり、ダーウィンの自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つとなっている他、現代生物学の基盤ともなっている。ちなみに進化論の提唱の功績で世界的に知られる人物であるため、生物学者と見なされる場合が多いが、ダーウィン自身は地質学者を名乗っていたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「種の起原(上・下)」「ビーグル号航海記(上・中・下)」「ミミズと土」「ダーウィン自伝」「人及び動物の表情について」「よじのぼり植物―その運動と習性」「人間の進化と性淘汰(Ⅰ・Ⅱ)」「植物の受精」などがある。

チャールズ・ダーウィンの名言集

1時間を無駄に
過ごすような人間は、

まだ人生の貴重さを
発見していない。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。

自然淘汰とは、
有用でさえあれば、

いかに小さな事であろうとも、
保存されていくという原理である。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る