アイルトン・セナの名言

アイルトン・セナのプロフィール

アイルトン・セナ

アイルトン・セナ(Ayrton Senna da Silva/1960年3月21日-1994年5月1日/男性)は、ブラジル・サンパウロ出身のレーシング・ドライバー。 母国ブラジルでは、20世紀最高のサッカー選手と称される「ペレ」や、サッカーの神様と称される「ジーコ」と並ぶ、偉大なスポーツ選手として有名。 日本では「音速の貴公子」(古舘伊知郎が解説で使用)の異名で知られている。 1988年、1990年、1991年の3度のF1ワールドチャンピオンであり、セナのテクニックとして有名なものにコーナーでアクセルを小刻みに煽るドライビングがある(日本ではセナ足と呼ばれている)。 このテクニックはコーナーの立ち上がりで可能な限り早く加速する技術として注目を集めた。 しかし、このテクニックを使用するには一秒の間に6回ものアクセルコントロールによる開閉の繰り返しが必要なため、 日本のレーシングドライバーである「中谷 明彦(なかや あきひこ)」は「常人の理解を超えた領域でのテクニックだろう」と語っている。 実際にチームメイトだったプロストやベルガーをはじめとした多くのプロドライバー達が試みているが再現は不可能との結論に達している。 2010年にはアイルトン・セナの生誕50年を記念して彼の生涯を描いた映画「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ~(原題:Senna)」が公開された。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

アイルトン・セナの名言集

この世に生を受けたこと
それが最大の
チャンスじゃないか。

理想を語ることは簡単だが
自ら実践するのはすごく難しい。

だからこそ、
とにかく、どんな時でも
ベストを尽くして
生きなければいけない。

その結果、
うまくいく時もあれば
そうでない時もある。

間違いを犯すことも
あるだろう。

でも、少なくとも
自分自身に対しては誠実に

そして、
自らの描いた夢に向かって
精いっぱい生きていくことだ。

僕は辞められない。
進むしかないんだ。

自分が感じていることは
正しくないかもしれない。

もしかしたら
自分の五感すべてが
間違っているのかもしれない。

だから、常に自分を
オープンにしておくんだ。

あらゆる情報や、
たくさんの知識を、
受け入れられるように。

耳を傾けて、新しい情報を
聞き逃さないように。

そうすれば人間もマシンも
徐々に限界を超えていけると
僕は信じているんだ。

僕に生命を与えてくれるのは
戦いだよ。

この挑戦が無ければ
僕はもう、存在しないだろう。

もし自分が生きるんだったら
思う存分
密度の濃い生き方をしたい。

そうじゃないと
人生が台なしになってしまう。

いくら自分に完璧を求めても
完璧な人間なんて
どこにもいない。

結局、自分や他人の失敗から
学んでいくしかないんだ。

自分が出来ると心から
信じることができれば
必ずやれる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る